ロンドン名物観覧車をパブに改装 予約が取れないほど盛況に

コロナの影響で休業を余儀なくされていたロンドン名物の観覧車「ロンドン・アイ」が、観光客の呼び戻しに向けてゴンドラの1台をパブに改装しました。

6月中の予約はほとんどの日で埋まっており、その人気ぶりがうかがえます。

ロンドン名物観覧車、パブに改装

ビッグ・ベンが一望できる、高さ125メートルの観覧車「ロンドン・アイ」が2021年6月4日からゴンドラの1台をパブに改装しました。

ただし、感染症対策は引き続き行われています。入場できるのは5人まで、飲酒時以外はマスク着用が義務化されています。

この「Pub Pod」の運行は2021年9月まで、金曜日から日曜日までの週末限定です。30分間で一人2杯まで、55ポンド(約8,500円)で楽しめます。

通常料金の2倍の値段ですが、この新しい取り組みへの反響も大きく、6月5日時点で6月中の予約はほとんど埋まっていました。

またロンドン・アイでは、パブ改装以外にも様々な取り組みを実施しています。


優先入場券、クルーズや観光施設とのセット券に加え、貸し切りチケット、ファミリーチケットも販売しています。

どのようなターゲットにも対応できるようにチケットを販売していることも、「ロンドン・アイ」の魅力の一つだと考えられます。

イギリス・ロンドンでは日本とは異なり、アルコールの提供とコロナ対策を並行して行うことで観光需要の復興に力を入れているようです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
London Eye:Pub Pod

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!