世界の国際線 回復の兆し 西欧で「44万席」、東欧で「14万席」増加

イギリスのデジタル航空情報会社、OAGによると世界での国際線の運航について、依然として通常時の10%未満にとどまるなど、厳しい状況が続いています。

しかし、ヨーロッパやアメリカ大陸市場においては、傾向が変化しつつあります。

ヨーロッパ発の路線は増加傾向にあり、5月末時点の今週は西ヨーロッパで44万席、東ヨーロッパで14万席の増加がみられました。

またアメリカーメキシコ間では2019年と比較して7.5%増加しており、コロナ禍で唯一増便した国際路線となっています。

新規航空会社の参入も控えているため、国際線市場が徐々に復活の兆しにあると言えそうです。

世界の国際線運航、欧米で回復の兆し

OAGによると、最も利益の大きい国際線では依然として厳しい状況が続いています。

2020年1月には4,160万席分運行されていたのにもかかわらず、2021年6月8日以降7日間で運航予定の総座席数が約1,260万席にとどまるなど、国際線のサービスは激減しています。

特に深刻なのはインドを含む南アジアで、変異株の影響もあり世界で最も国際線の回復が遅れています。

日本などが含まれる東アジアでも、変異株の感染拡大により、2019年の水準と比べると航空便の座席数では20.5%減少しています。

一方、ヨーロッパやアメリカ大陸の路線については、徐々に回復傾向が表れています。

ヨーロッパ市場|西欧で44万席、東欧で14万席増加

ヨーロッパでは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や検査結果についてをデジタルで証明する「EU Digital COVID Certificate」が7月1日から利用できることを受けて、増席傾向が続いています。

またヨーロッパの人々の間でも、「夏はヨーロッパ各地に遊びに行ける」という楽観的な見方が広がりつつあります。

国家間で比較すると、ドイツ・スペイン間とドイツ・イギリス間が回復の兆候を示しています。

関連記事:EU、夏の観光再開に最終合意 7月1日からデジタル健康証明書の制度を導入

アメリカーメキシコ間、世界で唯一コロナ前より「7.5%」増席

アメリカーメキシコ間では2020年1月時点における座席数で比較すると、2021年5月現在7.5%増加しています。

これはメキシコ政府がパンデミック期においても運航を継続したことが背景としてあげられると、OAGは指摘しています。

なおアメリカ国内市場については、2月以降アメリカの国内線キャパシティは67%増加しましたが、2019年の水準を引き続き15%下回っています。

しかし国際線のサービスが回復し、乗り継ぎ便が再度利用可能となった場合には、夏の終わりまでには2019年との差が10%未満となる可能性があります。

新規航空会社も参入、新規国際路線開拓へ

さらにアメリカでは新たな航空会社、AveloとBreezeの両社がサービスを展開し始めており、競争が激化しています。

新規路線も発表されており、ジェットブルー航空はニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港からロンドン・ヒースロー空港およびガトウィック空港への運航開始を宣言しました。

最初の運航は8月に予定されています。

アジアにおいては感染拡大傾向が止まらないこともあり引き続き厳しい状態が続いていますが、欧米市場では徐々に回復の兆しが見えています。

そのため、日本も欧米からの本格的な渡航往来に備える必要があると考えられるでしょう。

関連記事
既に国外旅行解禁の国も...日本と海外のコロナ対応の差(前編)
急速に進む観光業界の「反転攻勢」日本と海外のコロナ対応の差(後編)

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
OAG:夏季を迎えるなか、停滞する航空会社のキャパシティ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!