EU、夏の観光再開に最終合意 7月1日からデジタル健康証明書の制度を導入

欧州連合(以下:EU)は、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や検査結果についてをデジタルで証明する「EU Digital COVID Certificate」の枠組みに最終合意しました。7月1日からの運用開始を予定しているとのことです。

EUは、この証明書の目的を「パンデミック下でも安全で自由な移動を促進すること」としており、EUの観光回復に向けた取り組みだと言えます。

関連記事
EUが域外からの観光再開を検討

EUの観光再開に向けてデジタル健康証明書導入

ワクチン接種が進む中、EUは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種状況や検査結果を管理するデジタル健康証明書を域内で運用していくことを発表しました。

2021年7月1日から運用を予定しており、夏には観光が回復していくと期待されます。

デジタル健康証明書を全会一致で採択、夏からの観光再開へ期待

5月21日、EUは、域内全体で使える健康証明書、「EU Digital COVID Certificate」を導入することに最終合意したと発表しました。全会一致で採択されたとのことです。

証明書は、7月1日にも運用予定であるとのことで、夏の観光シーズンにはEU域内での自由な往来、観光が再開される見込みです。発表資料では、「safer holidays=(安心な休暇)」が述べられており、EUが観光回復に期待していることが窺えます。

EUウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長は、自身のTwitterで採択を祝福し、EU内の観光には重要な要素だと述べています。

EUの「EU Digital COVID Certificate」導入を賞賛しているライエン委員長の投稿
▲EUの「EU Digital COVID Certificate」導入を賞賛している投稿:ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長のTwitterより編集部スクリーンショット

Twitter:ウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長の投稿


また、ポルトガルのアントニオ・コスタ首相も、証明書の導入を「パンデミック下において、より正常で、より自由で、より安全な生活に向けた重要なステップ」としたうえで、「この夏から、すべてのヨーロッパ人の自由な移動が容易になる」とコメントしています。

デジタル健康証明書について

「EU Digital COVID Certificate」とは、新型コロナウイルス感染症の感染状況をデジタルで管理するものです。これまでは「デジタルグリーンパス」と呼ばれていました。

デジタル版と同時に紙の証明書も発行され、そのどちらにもQRコードが記載されます。PCR検査または迅速抗原検出キットによる陰性結果、ワクチン接種状況、感染後の回復状況などの情報が含まれ、コードの提示で各々の状況を証明できるようになります。

証明書は、各国の公用語と英語に対応しており、すべての欧州市民が無料で利用できます。

EUは、旅行者が証明書を持っている場合、検疫や検査を課すかについては各加盟国の政府次第であるとしながらも、公衆衛生上のリスクが高まった場合を除き、原則控えるべきとの姿勢を示しています。

関連記事
EUが域外からの観光再開を検討

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

European Comission:COVID-19: Coreper endorses political agreement on the EU digital COVID certificate to facilitate free movement

European Comission:COVID-19: Digital green certificates

euronews.:Digital green certificate: Deal reached to introduce an EU-wide COVID travel pass



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!