ドローンショー、小規模実施で活用しやすい新たな観光資源に|デモフライトが金沢で実施

ドローンショーの企画運営を手掛ける株式会社ドローンショーは2021年6月29日に、金沢港クルーズターミナルにて25機のドローンを使い、デモフライトを旅行代理店や自治体向けに実施しました。

今回のデモフライトは、ドローンショーが旅行パッケージや地域活性化に活用しやすいことを示すため、比較的安価に実施できる25機程度の小規模で行われました。

今回のショーでは、ハートやカウントダウンなどの6つのアニメーションが実施されました。

ドローンショー、小規模実施で地域の新たな観光資源に

ドローンショーを新たな観光資源として押し出すため、ショーを実施する企業は年々増えています。

日本では今年3月、国内において屋内で最多となる50台を利用したドローンショーが株式会社T2Rにより大阪で実施されました。

また海外においても、今年4月に中国・広東でドローン3,051台を使ったショーが実施され、ギネス世界記録を達成するなどその人気は高まりつつあります。

一方、今回のショーではあえて小規模で実施することにより低価格でドローンショーを実施できることを示しています。

また新たな観光資源の発掘という観点から、まずは安価に実施できるショーから実施し、徐々に規模を拡大するという戦略も立てられると考えられます。

そして小規模であるという特性を活かし、訪日外国人など特定層にターゲットを絞ったショー内容を展開することもより実施しやすいと考えられます。

ドローンショーの様子:プレスリリース
▲ドローンショーの様子:プレスリリース

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
Guinness World Records:3,051台のドローンが広東の夜空に飛び立ちギネス世界記録達成
PR TIMES:ドローンショーのデモフライトを旅行代理店や自治体向けに実施
PR TIMES:国内最多50台*の室内ドローンショー

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!