JALインバウンド回復を見据えて、LCCに追加出資を決定

LCCは2021~2025年度中期経営計画に基づき、LCC戦略を本格的に展開していくということです。

春秋航空の連結子会社化やジップ航空への追加投資を通して、中国やアメリカ西海岸などの顧客需要の獲得を目指しています。

また、従来のフルサービスキャリアJALが獲得できなかった顧客層の獲得を目指しています。

JALグループのLCCに対する取組みとは?

JALはLCC事業を強化し、今後、回復・成長が見込まれる観光・VFRのマーケットで収益を生み出し、事業領域を拡大することを中期経営計画の柱の一つとしています。以下JALグループの各LCCの取り組みについて紹介します。

春秋航空日本を連結子会社化

JALはLCC事業の一環として、春秋航空日本を連結子会社化しました。

春秋グループが持つ中国における高いブランド力と販売力を活かし、中国から日本への旺盛なインバウンド旅客需要に応えていくことを目指しています。

また、将来的には現在直行便が就航していない中国国内地点へ成田からのネットワーク拡充を目指し、日中両国の架け橋となり、さらなる中国からのインバウンド需要の増大を目指しています。

ジェットスター・ジャパン、豪カンタスグループとの連携を継続

JALはLCC事業の一環として、ジェットスター・ジャパンに追加投資を行いました。

LCCのジェットスターブランドとフルサービスキャリアのJALブランド、それぞれの強みが融合したデュアルブランド戦略を柱に、今後も日本国内のLCCマーケットの拡大を狙っています。

ZIPAIR、中距離路線拡大へ

JALはLCC事業の一環としてZIPAIRに追加投資を行いました。

JALグループのもう一つのLCCで、同じく成田を拠点とするZIPAIRは、7月21日(水)よりホノルル線の運航を再開を決定しています。

また、今後アメリカの西海岸やアジア線など中長距離路線へネットワークの拡充も予定しています。

ZIPAIRは顧客層の獲得において従来のフルサービスキャリアJALではアプローチできなかった新たな層の獲得を目指しています。

<参照>
JAL:成田を拠点としたJALのLCC戦略本格始動

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!