韓国でワクチン接種条件にトラベルバブル導入へ、まずはサイパンから

韓国国土交通部は6月29日、ソウル市内のホテルで北マリアナ諸島(米自治領)のサイパンと「トラベルバブル」合意文の署名式を行ったと発表しました。

今回の合意は、6月6日に韓国政府がトラベルバブルの推進策を発表してから初の合意地域となりました。

両国間の合意内容によると、旅行できるのは両国の国籍を持つ人やその外国人の家族で、自国の保健当局が承認したワクチンの接種を完了してから14日以上経過していることが条件となります。

韓国トラベルバブルへ、まずはサイパンから

韓国国土交通部は7月1日、写真付きでサイパンとのトラベルバブル調印の様子を発表しました。

なお現地メディアによると、トラベルバブルで利用される両国の保健当局が承認したワクチンは米ファイザー、米モデルナ、米ヤンセンファーマ、英アストラゼネカの4種です。

トラベルバブルを利用した旅行には、保健当局が発行した接種証明書出発前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書が必要です。

現地に到着した当日に再度検査を受けて指定されたホテルの客室で待機し、陰性が確認されれば自由に旅行できます。

なお、今回の合意によって実際に旅行が可能になる時期は、現地の防疫措置の事前点検と旅行会社の集客のための準備期間を考えると早くても7月末~8月初めと予想されています。

今回の合意締結に当たり金弘洛(キム・ホンラク)国土交通部国際航空課長は「今回の協定締結が航空や観光産業の回復につながることを願う」とし、「今後も防疫優秀国とのトラベルバブル締結のために努力する」と述べました。

なお韓国​疾病管理庁によると、韓国のワクチン接種率は7月1日現在全人口の約30%でした。日本では同日首相官邸が発表したデータによると、ワクチン接種率が18%程度と韓国よりも10%程度遅れています。

ただし日本においては、残り10%程度ほどワクチン接種率があがればトラベルバブルが導入される一つの目安になるとも考えられます。

日本においても同様に、安全を担保しつつトラベルバブルを導入を検討することが求められると考えられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
韓国国土交通部:황성규 2차관 한-북마리아나제도 여행안전권역 합의문 서명식
韓国疾病管理庁:코로나19 국내 발생 및 예방접종 현황(7.1., 0시 기준)
首相官邸:新型コロナワクチンについて

聯合ニュース:韓国がサイパンと「トラベルバブル」導入合意 7月中にも開始へ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!