米デルタ航空がコロナ後初の黒字に:ワクチン進展で旅行需要急回復

アメリカのデルタ航空は2021年4~6月期決算を発表しました。

新型コロナウイルス感染拡大以降、同社では赤字が続いていましたが、ワクチン進展による旅行需要の回復が追い風となり、コロナ禍で初めて黒字を達成したということです。

アメリカ国内の旅行需要回復が加速し、今後は国際線や法人需要の回復にも期待が集まります。

米デルタ航空、コロナ禍以降初となる黒字決算を発表

アメリカのデルタ航空は7月14日、2021年4~6月期決算を発表しました。

国内線回復で6四半期ぶり黒字

アメリカのデルタ航空が7月14日に発表した2021年4~6月期決算で、純利益が6億5,200万ドル(約720億円)と6四半期ぶりに黒字を計上しました。

売上高は71億2,600万ドルで、2019年同期比43%減、前年同期比では4.9倍となりました。 

主力となる旅客収入は、国内線では2019年比で45%減となりましたが、国際線では太平洋、大西洋路線がそれぞれ87%減、85%減にとどまりました。

ワクチン接種進展で、想定より早い黒字化を達成

同社は新型コロナウイルス感染拡大の影響による旅客減で、2020年1~3月以降、5四半期連続で赤字が続いており、前年同期は57億ドルの赤字となっていました。

しかしワクチン接種が進展し、国内旅行などの旅客需要が急回復したことで、新型コロナウイルス感染拡大以降初となる黒字を達成しました。

11億7,700万ドルの最終赤字となった1~3月期の決算発表時には黒字化は7~9月期になると見込んでいましたが、想定よりも早い黒字転換となりました。

今後のさらなる需要回復見据え、積極投資も

コロナ禍以降初となる黒字を達成したデルタ航空は、今後のさらなる需要回復を見据えています。

国際線・法人需要の回復にも期待

デルタ航空は、7~9月期の売上高について2019年同期比30~35%減と予想しています。

同社の最高経営責任者(CEO)のバスティアン氏は、投資家向けの説明会で「余暇を利用した国内旅行は2019年の水準に回復している」と述べました。

また苦戦が続く国際線や法人需要についても「復活の兆しが見える」と述べ、アメリカ国内の法人需要は、3月時点で2019年の2割程度の水準まで落ち込んだものの、6月で4割、9月には6割まで回復するとみています。

さらに国際線については「国境制限の緩和に伴って欧州線の予約が堅調」とし、ワクチン接種進展による需要回復に期待を示しています。

コロナ後を見据え、積極投資進める

バスティアン氏は「回復が勢いを増すなか、業界をリードする業務を遂行するための投資をしている」と、前向きで積極的な投資を進める姿勢も明らかにしました。

じっさい同社は7月13日に、中古機を2機種36機導入すると発表しており、2022年に受領する計画です。

内訳は大型機のエアバスA350-900型機が7機と、小型機のボーイング737-900ER型機を29機で、A350はリース導入する予定です。

米運輸保安局(TSA)によれば、アメリカ国内の空港の保安検査所の通過人数は、7日移動平均で2019年比2割減の水準まで回復を見せています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

Breaking Travel News:Delta Air Lines returns to profit in second quarter    

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!