JNTO、公式アプリから集積した訪日旅行の動態をデータサイトに公開

「Japan Official Travel App」のデータを集計

日本政府観光局(JNTO)は、JNTO公式アプリ「Japan Official Travel App」を活用した外国人旅行者の位置情報データを公開したと2021年7月20日に発表しています。

これまで蓄積されてきたデータをインバウンド誘致に役立ててもらうため、活用方法も紹介しています。

日本の観光統計データ・JNTO

日本の観光統計データ・JNTO

「日本の観光統計データサイト」に項目を追加

JNTOでは、2018年から各種観光関連データを公開する「日本の観光統計データサイト」を運営しています。

外国人旅行者数や外国人旅行者の日本での消費動向調査、主要22ヵ国の基礎情報などの情報を取りまとめ、誰もが活用できるようになっています。

2021年3月には、「訪日旅行の動態を調べる」という項目を追加しました。

これは2017年から提供しているJNTO公式アプリ「Japan Official Travel App」から取得したデータをもとにしており、外国人旅行者の動態概要と滞在・宿泊場所、周遊状況などを確認することができます。

旅行ルートが分かる詳細なヒートマップ

データサイトでは訪日外国人の国別の傾向を調べることができるほか、都道府県別訪問率ランキング、地方ブロック別外国人延べ宿泊者数など様々なデータを網羅しています。

また滞在ヒートマップでは、市区町村間の流出入や旅行ルートなどを調べることも可能です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

日本政府観光局のプレスリリース
https://action.jnto.go.jp/knowhow/2792

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。