デルタ航空が会員資格を2023年まで延長、旅行再開に向け顧客引き止めか

アメリカのデルタ航空は、デルタスカイマイルプログラムのメダリオン会員資格を2023年1月31日まで延長することを発表しました。

会員が旅行を再開する時期に柔軟に対応できるよう、そのほかの特典の有効期限も延長するということです。

2021年度のメダリオン会員資格は、2022年度まで自動的に延長

デルタ航空によると、2021年中のフライト利用によりメダリオン会員資格を取得した会員は、2022年度のメダリオンプログラムではより充実した特典を受けることを可能としています。

また、2022年12月31日まで引き続きデルタ航空利用の特典旅行でも、メダリオン会員資格取得に必要なマイル数、区間数を獲得できます。

また全てのスカイマイル会員は、引き続き2021年12月31日まで、通常より有利なレートでメダリオン会員資格取得必要マイル数、区間数を獲得することができます。

デルタ航空のカスタマーエンゲージメント&ロイヤルティ担当副社長兼デルタバケーションのCEOであるDwightJames氏は、「前例のない一年を経て、多くのスカイマイル会員の皆様が旅行を再開し、大切な人と再会していることを嬉しく思います。しかし私たちは、旅行がパンデミック以前とは異なることを理解しています。この一年のお客様の状況がどのようなものであったとしても、お客様の旅の再開がシームレスでメリットのあるものにすべく最大限の努力をしたいと考えています。そのためにデルタ航空は、お客様の声に耳を傾け、あらゆる段階でお客様をサポートできるよう対応しています。」と述べています。

自動的にアップデートされるメダリオン会員資格の特典

デルタ航空によると以下のアップデートは自動的に実施され、会員による手続きは必要無いとしています。(以下、デルタ航空のニュースより引用)

  • 2021年度のメダリオン会員資格は、2022年度まで自動的に延長。
  • すべてのメダリオン会員資格取得必要マイル(MQM)は2022年に繰り越され、2023年度のメダリオン会員資格を得るためのMQMとして換算。
  • すべてのスカイマイル会員が、特典旅行によりメダリオン会員資格取得必要マイル数、区間数を獲得することができる期間は1年延長し2022年12月31日まで
  • すべてのグローバル・アップグレード証書、およびリージョナル・アップグレード証書の期限は1年延長され、2023年1月31日までの旅行に適用。
  • 2021年内のフライトの利用でメダリオン会員資格を取得した会員は、継続的な搭乗に対する感謝として追加特典を受け取ることが可能。
  • 2022年2月1日より、2022年度メダリオン会員資格を取得した会員は、延長措置により自動的にメダリオン会員資格を延長された同一会員資格の会員よりも優先的に、無料アップグレードの手続きが可能。。また、フライト利用により自らプラチナおよびダイヤモンドメダリオン会員資格を取得した人は、「チョイス・ベネフィット」の選択が可能。
  • 招待制の年次プログラム「デルタ360」の有効期限を1年延長し、既存会員の方は2023年1月31日まで特典が利用可能。また、会員は「ダイヤモンド・チョイス・ベネフィット」の選択が可能。

航空業界で先駆けとなる会員資格の延長は、アフターコロナの旅行再開を見据え顧客を引き止めるきっかけとなるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
DELTA NEWS HUB:Your loyalty has never been more important’ : Delta is only airline to extend Medallion Status, key SkyMiles benefits into 2023

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!