羽田空港、国際空港評価で世界第2位、アジアでは日本初の1位を獲得

空港や港内サービスの評価

日本空港ビルディング株式会社は、英国の航空サービスリサーチ会社、SKYTRAX社が実施している国際空港評価において、日本の羽田空港旅客ターミナルがアジア空港の総合評価部門1位を獲得したと発表しています。

WORLD AIRPORT AWARDS 2021

WORLD AIRPORT AWARDS 2021

アジアでは日本初の1位

SKYTRAX社は、世界の空港や航空会社の評価を行う「WORLD AIRPORT AWARDS 2021」を実施しており、世界100以上の国・地域での顧客調査から評価を行っています。今回は2020年8月から2021年7月までですが、コロナ禍以前の体験も含め分析されています。

その中で羽田空港は、「World’s Best Airports」部門で世界第2位、「Best Airports in Asia」部門で第1位を獲得しました。

清潔さや使いやすさも評価

また、「World’s Cleanest Airports」部門では6年連続8回目の世界第1位、国内線の総合評価を行う「World’s Best Domestic Airports」部門では、国内線の使いやすさや快適性などから9年連続世界第1位となっています。

さらに空港内移動のサポートが必要な人への対応を評価する「World’s Best PRM / Accessible Facilities」部門で3年連続1位、新型コロナウイルス対策の「The COVID-19 Airport Excellence Awards」部門でも様々な取り組みが評価される結果となっています。

▼外部リンク

日本空港ビルディング株式会社のプレスリリース
https://tokyo-haneda.com/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。