一部の航空会社で、布製マスク禁止の動き ドイツ、スイスなどで

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

現在、マスク着用に関する規則が世界的に厳格になりつつあり、一部の航空会社では布製マスクを禁止する動きが出ています。

これは運輸保安局(以下、TSA)による、公共交通機関におけるマスク着用の義務期間を2022年1月末まで延長したことを受けたものとみられ、今後も動きが拡大していくと考えられます。


一部の航空会社では布製マスクの着用が禁止に

各国の航空会社では、世界的なマスク着用の義務化の流れを受けてか、布製マスクの着用を禁止する動きが出ています。

これは医学的な観点からみて、布製マスクがサージカルマスクやN95規格のマスクと比較し、ウイルスを遮断する効果が低いことが理由だと考えられます。

以降、布製マスクを禁止している各航空会社の対応です。

Swiss International Air Lines(スイス)

Swiss International Air Linesによると、2021年2月1日以降、全てのフライトでFFP2、KN95、またはN95規格のフェイスマスク、およびサージカルマスクの着用を搭乗、および航空機からの退出時に義務付けています。

また米国へのフライトでは、2歳以上を対象に全ての乗客がマスクを着用する必要があるとしています。

一方、12歳未満の子供と医療上の理由でマスクの着用が難しい人は例外としています。

FINAIR(フィンランド)

FINAIRによると、フィンランド国内の空港、他の空港のFINAIRサービス窓口で、機内への搭乗時および搭乗中にマスクを着用し、口と鼻を覆うことを求めています。

サージカルマスク、バルブなしFFP2、FFP3、N95規格をマスクとみなしており、フェイスシールド、バルブ付きのマスク、布製マスク、スカーフ類は、空気が漏れてマスクと同等の保護効果を得られないため、マスクとは見なされないとしています。

一方で7歳未満の子供は、マスクの着用義務はないものの、FINAIRのアメリカ発着便では、2歳を超える乗客のマスク着用が義務となっています。

マスクを着用できない身体疾患のある乗客は、搭乗の72時間前までにその旨を伝える必要があり、マスクなしで搭乗する際は、往路便と復路便の両方でPCR検査結果が陰性である必要があるとしています。

Croatia Airlines, Croatian air transport company Ltd.(クロアチア)

Croatia Airlines全てのフライトでは、鼻と口を完全に覆う医療用マスクの持参と着用が義務付けられています。

上記の防護マスクは、サージカルマスクやフィルター付きハーフマスク(FFP2、N95、バルブなしのKN95マスク)などを対象としており、口と鼻のカバーの代わりにフェイスシールドの着用は不可としています。

一方、6歳までの子供はマスクの着用義務を免除されます。

また、医療上の理由でフェイスマスクを着用できない場合は、PCR検査の陰性証明書(出発前48時間以内に発行されたもの)と医師の診断書を提示する必要があります。

Deutsche Lufthansa AG(ドイツ)

ドイツでは2021年1月19日に決議された法律により、公共交通機関や店舗での医療用マスク(OPマスク,KN95/N95マスクまたはFFP2マスク)の着用が義務付けられているため、Lufthansaでは搭乗から降機までの間、医療用マスクの着用を義務付けています。

健康上の理由により、マスクの着用義務が免除される場合があるとしており、最新の(48時間以内)PCR検査の陰性結果証明書と、医師の署名が入ったLufthansaグループのフォームを提示した場合のみ、免除を受け付けるとしています。

上記で挙げた、マスクの着用義務はほんの一例ですが、ワクチン接種率の進展度合いによる今後の航空会社の動きは変化していくものと思われます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
在ドイツ日本国大使館:ドイツにおける防疫措置(各種制限措置の再延長等)
Croatia Airlines, Croatian air transport company Ltd.:Important information about COVID - 19
FINAIR:Checklist for safe travelling
Swiss International Air Lines:FAQ about the mouth-nose-cover
TSA:TSA extends face mask requirement through January 18, 2022

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!