EU、日本を含め6カ国を「安全な国リスト」から除外へ

 欧州連合(EU)は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本を含めた6カ国からの観光客などの受け入れを再び停止する勧告を発表しました。

EU「安全な国リスト」改定、日本を含む6カ国除外

EUは新型コロナの感染拡大を受け、EUに加盟している27カ国が域外からの渡航を認める「安全な国リスト」から日本、アルバニア、アルメニア、アゼルバイジャン、ブルネイ、セルビアの6カ国を除外する見通しを明らかにしました。また新たにウルグアイが追加されています。

日本はEUがこのリストを作った2020年6月にはリストの対象地域に含まれていましたが2021年6月に除外され、同年6月に再度追加されました。

このリストは定期的に見直されており、前回の改訂は2021年8月30日でした。

EUは加盟国に「安全な国リスト」に載っていない国からの不要不急の入域制限を加盟国に求めています。しかし国境を管理する権限は加盟国にあるため、今回除外した国からの入国を認めているEU加盟国への入国の最終的な入国の可否はそれぞれの国が判断することになるそうです。

今回の変更により「安全な国リスト」に掲載される国はオーストラリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、カナダ、ヨルダン、ニュージーランド、カタール、モルドバ、サウジアラビア、シンガポール、韓国、ウクライナ、ウルグアイ、中国、香港、マカオ、台湾の計12カ国となります。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!