東京オリパラの宿泊料金、開催期間近づくにつれ安く…その理由は?2020年との比較も

旅行検索サービスを提供する株式会社attaが、東京オリンピック・パラリンピック開催期間中の宿泊料金に関する調査を実施しました。

調査によると、東京オリンピック・パラリンピックの開催日が近づくにつれて開催期間中の平均宿泊料金は安くなっていましたが、宿泊する90日前時点で2020年の同様日と比較すると、約60%高騰していました。

また、特にオリンピック開催15日前に無観客開催が決まったことで、宿泊する30日前時点に予約した場合の宿泊料金と宿泊する10日前時点で予約した場合の料金を比較すると著しく安くなっていました。

この記事では、調査について詳しく紹介します。

関連記事:宿泊旅行統計調査2021年7月

東京オリパラの宿泊料金、開催期間近づくにつれ安く

株式会社attaは、「東京オリンピック・パラリンピック宿泊料金調査」について、対象チェックイン日を2021年7月15日(木)〜9月5日(日)と設定し実施しました。

同社は、同内容の調査を2020年7月16日(木)〜9月6日(日)にも実施しており、今回は各年での比較調査も行われています。

まずは2021年について、その動向を見ていきます。

2021年東京オリパラ、無観客決定で一気に落ち込み

2021年の宿泊料金動向については、東京オリンピック・パラリンピックの開催日が近づくにつれて開催期間中の平均宿泊料金は安くなっていました

特に東京オリンピックにおいて、平均宿泊料金は宿泊する90日前時点で予約した場合の料金が¥24,792、宿泊する7日前時点では¥11,576半額以下となりました。

その原因について、株式会社attaは無観客開催が決まってからの平均宿泊料金の下落が著しかったと指摘しています。

なお東京パラリンピック期間の平均宿泊料金は宿泊する90日前時点で予約した場合、¥13,453、宿泊する7日前時点では¥10,251となっており、平均宿泊料金が90日前の76%程度になっていました。

2021年開催された東京オリンピック・パラリンピック期間の東京都の平均宿泊料金:プレスリリースより
▲2021年開催された東京オリンピック・パラリンピック期間の東京都の平均宿泊料金:プレスリリースより

2020年同時期での比較、開催延期決定で大きな差に

続いて、2020年元来東京オリンピック・パラリンピックが予定されていた日程で振り返ります。

東京オリンピック開催期間中の平均宿泊料金は、90日前時点で予約した場合の料金は前年同様日と比べて、約60%高騰しました。

なお宿泊する7日前時点では¥11,576と前年同様日と比較すると27%の上昇に留まりました。

東京オリンピック・パラリンピックの延期については、2020年3月時点について延期が決定されていたため、2020年7月時点での影響はほぼ見られないものと思われます。

2021年においては、その時期よりも大幅に上昇していることから、東京オリンピック・パラリンピックへの期待がうかがえます。

なおパラリンピックにおいては90日時点で予約した場合の料金と7日前でも差が見られず、前年比11%の上昇となりました。

2021年開催された東京オリンピック・パラリンピック期間と2020年同様日の東京都の平均宿泊料金:プレスリリースより

▲2021年開催された東京オリンピック・パラリンピック期間と2020年同様日の東京都の平均宿泊料金:プレスリリースより

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
プレスリリース:東京オリンピック・パラリンピック開催期間中の宿泊料金を調査

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!