7月の宿泊者数は3,092万人泊、外国人延べ宿泊者数は85万人で前年同月比264.9%増【宿泊旅行統計調査2021年7月】

観光庁は8月31日、宿泊旅行統計調査の2021年7月第1次速報を発表しました。2021年7月の延べ宿泊者数は、3,092万人泊で、前年同月比32.2%増となりました。

また外国人延べ宿泊者数は、85万人泊で前年同月比264.9%増でした。前月と比較して60万人以上多くなっています。

7月は国内旅行の伸びに加え、東京五輪が開催されたことから、関係者らの入国が相次ぎ宿泊者数が増加したと考えられます。

《注目ポイント》

  • 2021年7月の延べ宿泊者数(全体)は、3,092万人泊で、前年同月比32.2%増
  • 日本人延べ宿泊者数は、3,007万人泊で前年同月比29.9%増
  • 外国人延べ宿泊者数は、85万人泊で前年同月比264.9%増

関連記事
宿泊旅行統計調査2021年6月
訪日外客数2021年7月

7月の延べ宿泊者数、前年同月比32.2%増

2021年7月の延べ宿泊者数(全体)は、3,092万人泊で、前年同月比32.2%増となりました。

延べ宿泊者数推移:観光庁宿泊旅行統計調査
▲延べ宿泊者数推移:観光庁宿泊旅行統計調査

3月以降落ち込みを見せていた延べ宿泊者数が一気に回復し、3,000万人泊台を達成する結果となりました。

東京五輪の開催、そして6月21日から7月11日にかけて東京などの大都市圏で緊急事態宣言が解除されていたことも関係して増加したと考えられます。

日本人延べ宿泊者数も、3,007万人泊で前年同月比29.9%増加しました。6月から1,000万人泊以上増加しています。

7月の外国人延べ宿泊者数は85万人泊、6月より60万人以上増加

外国人延べ宿泊者数は、85万人泊で前年同月比より264.9%増加しました。また前月より60万人増加しました。

7月23日に開会した東京五輪の影響もあり、大幅に増加したと考えられます。訪日外客数も、7月は昨年12月以来の5万人台に達するなど大幅に増加しています。

8月以降についても、8月16日から1日あたりの入国者数上限の緩和が行われていることから一定程度の増加が見込まれると考えられます。

関連記事:日本、入国者数上限を3,500人へ緩和 国際線の搭乗者数も6,100人ずつに緩和へ

7月の客室稼働率38.6%、前年同月比9.3%増

2021年7月の客室稼働率は38.6%で前年同月比より9.3%増加しました。前月より約10%増加しています。

旅館・リゾートホテル・ビジネスホテル・シティホテル、簡易宿所など統計がとられているすべての宿泊施設で客室稼働率が前年同月比より増加しています。

最も稼働率が高いのはビジネスホテルで、稼働率は48.4%でした。リゾートホテルが前月より14%増加し、最も大きな伸び率となっています。

分科会が県境を越えた旅行や大規模イベント容認へ、宿泊者数増加なるか

今後の見通しについては、外国人も含め日本でも宿泊者数の回復があると考えられます。

9月3日に、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会が接種の完了やPCR検査の陰性証明を条件に、県境を越える旅行や全国的な大規模イベントなどを容認するとした提言を発表しました。

またワクチンパスポートの国内利用についても、緊急事態宣言解除後にガイドラインが公表される方針です。

秋の行楽シーズンに加え、長引く緊急事態宣言で疲弊している中、宿泊者数がどのように回復するのか注目が集まりそうです。

関連記事
旅行再開今秋にも 分科会提言 ワクチン・陰性証明の活用目指す
日本のワクチンパスポート 政府がガイドライン公表の方針|欧米では「義務化」進む

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁宿泊旅行統計調査

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!