【参加無料】東京都、アフターコロナを見据え、観光事業者対象にセミナー&ワークショップ開催

東京都はアフターコロナを見据えたインバウンド需要回復に備え、「観光関連事業者向けオンラインセミナー&ワークショップ」を全3回にわたって主催します。

第1回の基調セミナー「コロナ後の旅行消費はどう変わる?」を受講した後、第2回では参加者が4人1組のグループになり、ディスカッションを通してコロナ禍からの回復プランを探ります。

第3回では講師に選定された参加者がブラッシュアップした回復プランを発表し、その内容について講師から講評を受けるとともに、参加者同士での意見交換も行います。

このセミナー&ワークショップでは、世界の観光市場の現状や変化する旅行者意識について理解を深めるとともに、顧客ニーズの変化に応じた新サービスの造成や、自社の強みをより活かした商品の提供など「アフターコロナに向けて、より良い顧客体験を創る」ためのプランを考えます。

東京都、アフターコロナのインバウンド回復に備えたセミナー&ワークショップを開催

東京都は、10月から11月にかけて、全3日間の日程で観光関連事業者向けオンラインセミナー&ワークショップを開催します。

参加対象は都内の宿泊施設・飲食店・小売店・観光関連団体等に勤務する方で、3回とも出席することが条件となります。参加費は無料です。

申込期間は令和3年9月6日(月)から令和3年10月15日(金)までですが、20名の定員になり次第締め切ります。

全3回のセミナー&ワークショップの内容

第1回は、基調セミナー「コロナ後の旅行消費はどう変わる?」です。

世界の観光市場の現状や、コロナ禍でも成功する観光事例、変化する旅行者意識、新たな旅行者ニーズ等に関して、セミナー形式で解説します。

訪日外国人旅行者が感じる日本・東京の魅力等についても説明し、知識を深めてもらいます。

第2回は、ディスカッション&回復プラン作成です。4人1組に分かれてワークショップが開催されます。

参加者同士のディスカッションを通して、アフターコロナにおける外国人旅行者の受入体制についての課題や強みを各人が洗い出し、その上で参加者それぞれ回復プランを作成します。

講師からのフィードバックも随時行われます。この内容を各事業者で確認し、より実効性の高い内容まで見直した上で第3回までに提出します。

第3回は、回復プランの発表と講評です。講師がいくつかのプランを選定し、選定されたプランの作成者が発表を行います。発表内容に基づき、講師がアドバイスを実施します。

その後参加者同士で聴講・意見交換することで、アフターコロナに向けたより良い顧客体験の創出につながるヒントが得られると考えられます。

各回の日時は以下の通りです。

セミナー&ワークショップ 日時

第1回:基調セミナー「コロナ後の旅行消費はどう変わる?」

令和3年10月26日(火) 13時~15時

第2回:ディスカッション&回復プラン作成

令和3年11月2日(火) 13時~15時

第3回:回復プランの発表と講評

令和3年11月16日(火) 13時~15時

講師:萩本良秀 株式会社ゼロイン「DeepJapan.org」エグゼクティブ・ディレクター

ネットメディア編集の経験を活かして日本在住外国人ライターを起用した公共および民間企業の多言語サイトの制作、外国人目線でのデジタル・マーケティングやプロモーションに携わる。

全国通訳案内士資格取得後150名以上の外国人旅行者をガイド。観光庁の専門人材として関東広域DMOのデジタル戦略を担当。

3,000人以上のインバウンド関係者コミュニティ「DMO anywhere」ディレクター。その他実績多数有。

お申込み方法

セミナー&ワークショップへのお申込みは、下記WEBサイトもしくはメール、電話から行えます。

観光関連事業者向けワークショップ事務局((株)日本旅行内)

メールアドレス:inbound_seminar@nta.co.jp 電話番号:03-5402-6401

WEBサイトからお申込む(公式ホームページへ)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!