韓国、お盆連休に300人がサイパンへ 「トラベルバブル」で需要急増

9月16日、韓国の毎日経済は「新型コロナウイルスワクチンの接種率上昇にともない、旅行需要も回復している」と伝えました。

韓国では、初のトラベルバブルに選定された、サイパンへの旅行の需要が急増しています。

韓国、初のトラベルバブルでサイパン旅行への需要が急増

韓国の旅行業界によれば、秋夕(お盆)の連休を含む9月16日~26日に、サイパン行き航空券を予約した人は約300人に達するということです。

サイパンは韓国で初のトラベルバブルとして選定されており、7月24日に施行されてから1か月の利用客数(42人)と比較すると、6倍以上に急増しています。

年末にかけてサイパン旅行の需要は増えており、すでに数千人が予約しているほか、ある旅行会社が9月13日に販売したパッケージツアーには1,300人の申し込みがあり、すぐに完売したということです。

旅行会社関係者によれば、旅行を予約している人のほとんどが、MZ世代(1981〜95年生まれのミレニアル世代と、96〜2012年生まれのZ世代)で、行先はマカオや北海道、台北、バンコク、香港など多岐にわたるということです。

現在、韓国とサイパンの間のトラベルバブルは、新型コロナウイルスワクチン(ファイザー、モデルナ、ヤンセン、アストラゼネカ)を接種が完了した、旅行代理店経由の団体旅行客に制限されています。

韓国国内のインターネット上では、海外旅行に対する批判的な声や、感染して帰国するのではないかという不安の声も上がっています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

Record China:韓国、ワクチン打ってついに海外旅行へ!お盆連休に300人が出国、韓国ネットには不安の声も

Wow!Korea:海外旅行の手綱が緩まるか…サイパン予約者4000人を超える=韓国

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!