日本のワクチン摂取完了率、米を逆転。高齢者の接種率9割に

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

首相官邸が22日に更新したデータによると、日本の新型コロナワクチンの接種率が19日時点で米国の摂取率を上回っていたことがわかりました。

日本国内の新型コロナワクチンの総摂取回数は1億5,000万回を超えており、二回目まで接種を済ませた人は55.1%に上っています。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

摂取率増加、行動規制緩和も

首相官邸が22日に更新したデータによると、日本国内で摂取を完了した割合は19日分で人口の54.8%になり、同日までに54.7%だった米国を上回りました。

日本では接種が出遅れたもののペースをあげ、現在も自治体の集団会場や職場などで1日計100万回超の摂取が続いています。

また21日時点の日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズ(FT)の集計によると、各国のワクチンの伸びは鈍化しています。

首相官邸によると22日の公表時点で日本の総摂取回数は1億5,500万回近くに上っており、1回目を打ち終えた人は67.2%、二回目まで接種を完了させた人は55.1%でした。

優先対象だった高齢者は2回の摂取を終えた割合が9割近くに達しています。

政府はワクチン接種が行き渡るタイミングで行動規制の緩和を想定しています。引き続き摂取率を高めていくことが今後の経済の正常化を図る上で重要になるとともに、接種完了者に対してどのように行動制限緩和をさせていくのか、政府の判断が問われます。

関連記事:政府 行動規制緩和方針を発表 観光、酒類提供、大規模イベントの制限緩和へ

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに