「コロナ探知犬」試験的に導入 マイアミ国際空港で 米国の空港初

アメリカ・フロリダ州のマイアミ国際空港で、新型コロナウイルス探知犬が試験的に導入されました。

アメリカの空港では初となる取り組みで、訓練を受けた2匹の探知犬が、空港の職員専用出入り口付近で、空港職員の感染有無を確認します。

マイアミ国際空港、新型コロナ探知犬を試験的に導入

米紙ワシントンポストは9月9日、アメリカ・フロリダ州のマイアミ国際空港で最近、新型コロナウイルス探知犬が試験的に導入されたと報じました。

探知犬を利用して新型コロナウイルス感染者を調査するもので、アメリカでは初の取り組みとなります。

地元のマイアミ・デード郡の当局に認可され、フロリダ国際大で30日間の訓練を受けた2匹の探知犬が、マイアミ国際空港の職員専用の出入り口付近に配属されました。

常駐スタッフのセキュリティチェックの際に、新型コロナウイルス感染の有無を確認します。

探知犬が新型コロナウイルス感染者と判断すると、指名された人は別途検査を受けて感染の有無を確認します。

2匹は「コブラ」と名付けられたベルジアンマリノアと、「ワンベータ」という名前のダッチ・シェパードで、いずれも7歳です。

探知犬は新型コロナウイルスに感染した人のマスクを教材として、感染時の代謝変化による人間の臭いを学習して探し出します。

テスト事業を支援するフロリダ国際大学(FIU)のケネス教授が、コブラとワンベータに対しFIUの2重ブラインドテストを行った結果、新型コロナウイルス検出精度は96〜99%を記録したことが明らかになりました。

実験では、ワンベータの精度は98.1%、コブラは99.4%の精度を示したということです。

アメリカではマイアミ国際空港が初となりますが、アラブ首長国連邦(UAE)やフィンランドでも類似のテスト事業が導入され、ドバイ国際空港では2020年8月に世界で初めて新型コロナウイルス探知犬を配置しています。

一方で探知犬の訓練には時間とコストがかかり、犬が任務遂行のために満たすべき基準も複雑であるため、探知犬による感染把握は、精度は高いとしても拡張に限界があるとの指摘もあります。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

MIA:MIA is first U.S. airport to test COVID-19 detector dogs

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!