「世界最強のパスポート」日本が4年連続首位に 同率でシンガポール|世界パスポートランキング2021

イギリスの調査会社「ヘンリー&パートナーズ」は、世界のパスポートを比較、調査した「ヘンリー・パスポート・インデックス2021」を発表しました。

この調査はロンドンに本拠地を置くヘンリー&パートナーズ社が、国際航空運送協会(IATA)のデータを用いて、199のパスポートと227の旅行先を分析し調査したものです。

日本は4年連続首位維持、上位国と下位国での格差が顕著に

「ヘンリー・パスポート・インデックス2021」は国際航空運送協会(IATA)のデータに基づき、世界中のパスポートを、保有者が事前のビザなしでアクセス可能な目的地の数に応じてランク付けしたものです。

世界の約200か国のパスポートを対象にした同調査では、日本のパスポートが最も順位が高く、同率でシンガポール、2位は同率で韓国とドイツ、という結果となりました。

  1. 日本、シンガポール(192)
  2. ドイツ、韓国(190)
  3. フィンランド、イタリア、ルクセンブルグ、スペイン(189)
  4. オーストリア、デンマーク(188)
  5. フランス、アイルランド、オランダ、ポルトガル、スウェーデン(187)
  6. ベルギー、ニュージーランド、スイス(186)
  7. チェコ共和国、ギリシャ、マルタ、ノルウェー、英国、米国(185)
  8. オーストラリア、カナダ(184)
  9. ハンガリー(183)
  10. リトアニア、ポーランド、スロバキア(182)

一時的な渡航制限は考慮に入れていないため、実際に渡航できるかは別として、理論上、日本とシンガポールのパスポート保有者はビザなしで192か国に渡航可能です。

下位国は以下の通りです。

  1. アフガニスタン(26)
  2. イラク(28)
  3. シリア(29)
  4. パキスタン(31)
  5. イエメン(33)
  6. ソマリア(34)
  7. ネパールとパレスチナの領土(37)
  8. 北朝鮮(39の目的地)

上位の欧州諸国は新型コロナウイルス関連の渡航、入国制限、またそれに準ずる隔離措置など厳しく講じていいるものの、下位の多くの国は情勢に見合わず国境に関する制限を緩和していることが明らかとなっています

ヘンリー&パートナーズによると最初に本調査が発表された2006年以来、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い過去18か月に急増した旅行障壁が、国際的な往来に最も格差をもたらしたということです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
CNN Travel:The world's most powerful passports for 2021
Henley&Partners:Japan Has the Most Powerful Passport but Only in a Post-Pandemic World
Henley&Partners:The Henley Passport Index:Q4 2021 Global Ranking

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!