アジアで人気のアトラクション、上位は日本を含む2か国が独占 Tripadvisor調査

世界最大の旅行プラットフォームである「TripAdvisor(以下、トリップアドバイザー)」は、世界6か国の旅行者への意識調査、およびサイトの利用状況を基にした2021年秋の旅行状況調査結果を発表しました。

本調査は、米国、英国、イタリア、オーストラリア、日本、シンガポールで実施され、計2,386名を対象に、サイトの利用状況はトリップアドバイザー上で2021年9月1日~10月31日の旅行期間を対象とした2021年6月1日~8月31日の期間中の行動データより算出されています。

サイトの利用状況データによると、国内のアクティビティでは、文化ツアーアミューズメントパークバイクツアーバスツアーが人気の傾向となっており、アジアでは多くの日本の観光地が人気スポットとしてランクインしています。

旅行を計画している日本人、2021年春と比較し横ばいの傾向に

トリップアドバイザーの調査結果より、2021年秋の旅行状況のトレンドが以下のように判明しました。(以下、トリップアドバイザーのプレスリリースより引用)

  • 旅行の有無:今秋(2021年9月~11月の期間中)「旅行を計画している」と回答した日本人旅行者は33%、「計画していない」は36%、「まだ決めていない」は31%
  • 旅行の頻度:旅行の回数については「1回」が63%、「2回」が29%
  • 移動距離:「国内(自宅から2時間以上)」が67%、「地元(自宅から2時間未満)」が48%
  • 宿泊日数:「2~5泊」が50%、「1泊」が46%
  • 旅行への出費:2019年秋の旅行での出費と比べ、2021年の旅行では出費が「2019年より多い」との回答が18%、「2019年と同じ」が44%、「2019年より少ない」が38%
  • 国内旅行で重要視する項目:「施設の安全と清潔さ」が65%でトップに。次いで「ホテル、レストラン、交通や体験のお得な情報」が48%、「いつどこで人込みを避けるべきか」が 43%
  • 計画の柔軟性:「次回の旅行では、柔軟なキャンセル規約は絶対条件だ」という項目に「非常にそう思う」または「そう思う」との回答は76%となり、「次回旅行の際に使用する可能性が高い検索機能」として、「キャンセル規約の検索」は39%

コロナ禍という情勢もあってか、長期の旅行ではなく1泊にとどめる意向が半数近く、加えて人込みを避けられるか否かを予約時に重要視する人が半数近くいることが明らかになりました。

また「キャンセル規約の検索」についても使用する可能性が高いことがわかっており、旅程を柔軟に計画するためにも、キャンセル規約についての掲載が分かりやすくなされていることが必要と考えられます。

日本とシンガポールで上位を独占:アジア人気観光地&アトラクション

続いて、2021年秋の「国内人気観光地とアクテビティ」と「アジア人気観光地とアトラクション」についてのランキングです。

なお、アジアの人気アトラクションのランキングは、トリップアドバイザー上の保存回数より算出されているということです。(以下、トリップアドバイザーのプレスリリースより引用)

  • 2021年秋の国内人気観光地とアクティビティ
国内の人気観光地 国内の人気アクティビティ
1

京都市(京都府)

富士飛行社の4Dと忍者を体験できる富士山1日バスツアー

2

大阪市(大阪府)

1日の東京バスツアー

3

箱根町(神奈川県)

新宿のロボットレストランショーチケット

4

軽井沢町(長野県)

プライベート・カスタム京都街歩き観光ツアー

5

中央区(大阪府)

小グループによる京都半日文化ツアー

6

神戸市(兵庫県)

広島発広島平和記念公園と宮島を巡るツアー

7

恩納村(沖縄県)

築地市場食べ歩きと文化ツアー

8

宮古島市(沖縄県)

東京での日産スカイラインGTR34での運転体験/渋谷交差点コ ース

9

札幌市(北海道)

京都で着物を着て、茶道を体験

10

志摩市(三重県)

大阪のディープな裏通りツアー

国内の人気アクティビティランキングでは、ツアーを含んだアクティビティが上位の中で8つを占めています。

加えて、京都での茶道体験、街歩きツアーのほか、広島発広島平和記念公園を巡るツアーなど日本の文化や歴史に触れるツアーが人気となっており、ツアーを含んだアクティビティの醸成は観光客の誘致に一役買っているものと考えられます。

  • 2021年秋のアジア人気観光地とアトラクション

アジアの人気観光地 アジアの人気アトラクション
1

シンガポール

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(日本)

2

京都市(京都府)

東京ディズニーランド(日本)

3

大阪市(大阪府)

ガーデンズバイザベイ(シンガポール)

4

箱根町(神奈川県)

伏見稲荷大社(日本)

5

宮古島市(沖縄県)

チームラボボーダレス(日本)

6

軽井沢町(長野県)

シンガポール植物園(シンガポール)

7

舞浜(千葉県)

東京タワー(日本)

8

恩納村(沖縄県)

明治神宮(日本)

9

神戸市(兵庫県)

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール(シンガポール)

10

札幌市(北海道)

シンガポール動物園(シンガポール)

アジアの人気アトラクションに関するランキングでは、シンガポールと日本で上位を独占する形となりました。

上位にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーランド、チームラボボーダレスがランクインしており、日本で有名なテーマパークの人気度がうかがえます。

またユニバーサル・スタジオ・ジャパンは日本のほかシンガポールからもランクインしており、世界的にも高い人気を誇っています。

関連記事:トリップアドバイザー、世界の「体験ツアー」ランキングを発表 1位はドバイ、日本は10位と17位に

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
Tripadvisor:プレスリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!