アメリカ、20カ月ぶり渡航制限解除 接種完了者を対象に

アメリカは2020年3月から約20ヶ月間続いた入国禁止措置を解除し、8日から新型コロナのワクチン摂取完了を条件に入国を再開しました。

海外渡航用の新型コロナワクチン摂取証明書、出発前3日以内に行った新型コロナウイルス検査による陰性証明書が必要になります。

証明書の提出を義務化、隔離も不要に

アメリカは8日から新型コロナのワクチン摂取完了を条件に入国を再開しました。海外渡航用の新型コロナワクチン摂取証明書、出発前3日以内に行った新型コロナウイルス検査による陰性証明書のほかにアメリカ滞在時の連絡先に関する情報を各航空会社へ提出する必要があります。

摂取証明書と陰性証明書は航空機へ登場する際に提示が求められます。

アメリカ政府が認めているワクチンはファイザー、モデルナ、アストラゼネカを含む7種類で、渡航14日前までの接種が必要です。

2歳から17歳の渡航者はこの措置の対象外で、出発前3日以内に行った新型コロナウイルス検査による陰性証明書のみで入国が可能です。

18歳以上でワクチン未接種の渡航者は出発前1日以内の新型コロナウイルス陰性証明書が必要になり、いずれの証明書も英語で記載されているものが求められます。

また証明書の提示により、アメリカ入国後の隔離は不要となります。

アメリカでは、カナダやメキシコとの陸路国境も摂取完了を条件に再開の見通しが立っています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

ESTA:アメリカ政府が新たな入国制限の詳細を発表 11月8日より施行

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!