JR東海「EX 旅のコンテンツポータル」開設、23年に「EX-MaaS(仮称)」目指す

JR東海は11月1日、新たなポータルサイト「EX旅のコンテンツポータル」を開設しました。

「EXサービス」利用者向けに、二次交通や宿泊施設などを一元的に紹介するもので、2023年夏には「EX-MaaS(仮称)」としてコンテンツまでシームレスに予約・決済可能とする計画です。

JR東海「EX 旅のコンテンツポータル」開設

JR東海が11月1日にオープンしたポータルサイト「EX旅のコンテンツポータル」は、EXサービス利用者向けに、ホテルや二次交通等のコンテンツをカテゴリー別に一覧で紹介しています。

EX予約サイトのトップページまたは予約完了画面からアクセスでき、観光プランや宿泊施設、カーシェアや在来線などの二次交通のほか、ワークスペース「EXPRESS WORK」などのビジネス向けサービスが掲載されています。

宿泊施設は、JR東海ホテルズのほか、東急ホテルズ、プリンスホテル&リゾーツ、都ホテルズ&リゾーツ、JR西日本ホテルズと連携して特別価格プランを提供します。

またタクシー配車サービスの「DiDi Taxi」「Go」「S.RIDE」のほか、カーシェアの「dcar share」や「MKタクシー」などのサービスとも順次連携する予定となっています。

さらに「推し」に会いに行く旅「推し旅アップデート」などの観光コンテンツを用意し、旅行意欲を促進します。

2023年夏には「EX-MaaS(仮称)」として、EXサービスのサイト内でコンテンツまでシームレスに予約や決済ができるようにする計画としています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

JR東海:「EX 旅のコンテンツポータル」公式サイト

Tracy:JR東海、「EX-MaaS」実現に向けポータルサイト開設 ホテルや二次交通を一覧で紹介

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!