JAL、11月から国内線の運行率91%超「コロナ前」水準まで回復

JALは2021年12月1日から2022年1月4日の運行便を、2020年3月以降初めての9割以上の便で運行する予定と発表しました。

今年の9月には運航率65%以下まで落ち込んでいましたが、12月に91%超まで回復した形となります。

国内線需要は10月以降回復傾向にあり、12月24日-1月4日の年末年始にあたる期間では97%と、今年度最高の運航率となります。

さらに年始(1月1日-1月4日)期間では一部の路線で臨時便を用意しており、運航率98%を記録しています。

12月運航率91% 前年同月比5ポイント増

国内線需要は10月以降から回復しており、12月の運航率はコロナ前水準に近づきました。

12月1日-12月31日期間中の減便数は2,301便、平均減便数は74便で運航率91%となっており、前年同月比5%の上昇となっております。

年末年始期間中の運航率はさらに高く

前年の年末年始期間中の運航率は94%と例年、年末年始の国内線の需要は高く、2021年度年末年始期間中12月24日-1月4日の減便数は384便、平均減便数は32便で運航率97%となっております。

また、1月1日-1月4日の年始期間中は高需要が見込まれる一部の路線で臨時便を用意しており、運航率98%と非常に高い運航率となります。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
JAL:プレスリリース

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!