「世界夜景サミットin 長崎」開催、10カ国参加へ

一般社団法人 景観光コンベンション・ビューローは、2021年11月19日(金)、長崎県長崎市にて、「世界夜景サミットin 長崎」を開催します。

このサミットは各国・各都市の観光分野の代表者が集う国際会議で、世界初の開催です。

今後の夜景観光促進へ、世界夜景遺産の創設も

世界夜景サミットの主催は夜景観光コンベンションビューローです。共催は長崎市、北九州市、札幌市です。海外からはスペイン、ハンガリー、ポルトガル、タイ、中国、モナコ、フィリピン、オーストラリア、台湾、トルコの駐日大使館、観光局などから計10カ国が参加します。

本サミットでは、新型コロナにより大きな転換期を迎えた観光業界であり、以下を目的としています。

  • 世界各国の「夜景観光」「ナイトツーリズム」の実態と成功事例、経済効果の共有 
  • 夜間観光における安心安全 
  • 夜間イベントの進化と課題
  • 観光客目線での旅行商品造成等、「夜景観光」の魅力や課題を共有する

各国の夜景の紹介、夜景観光に対するプレゼンテーションや、参加国における夜景観光の代表的な取り組みも発表そ持続可能な社会に向けた夜景資源の活用法など、トレンドに合わせたトピックも扱います。

「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコ、長崎の3都市が世界を代表する夜景都市である「世界新三大夜景」都市として認定されました。

本サミットの第二部では、「夜景観光士」6,100人のアンケートを交え、「世界新三大夜景」を発表、授与式を行います。

また国内夜景ブランドである「日本夜景遺産」を元に、「世界夜景遺産」を創設。世界的な夜景鑑賞及び夜景観光の価値向上、経済効果促進、夜間景観の保持や文化的発展が目的です。今後の夜景観光の世界的な発展、世界のナイトツーリズムの核となる観光ブランドを目指します。

また、「日本新三大夜景」認定に向けた中間ランキング発表も行われます。

「日本新三大夜景」は2015年に国内外の夜景観光活性化を目指して誕生した夜景ブランドで、3年に一度の更新が行われます。

現在は「長崎市」「札幌市」「北九州市」が認定されており、2022年3月開催予定の「夜景サミットin札幌」での最終発表に先駆け、中間ランキングを発表します。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
海外10カ国の観光リーダーが長崎市に集結!夜景観光の未来へ向けた“世界初”の国際会議~10年ぶりに「世界新三大夜景」が決定~ 『世界夜景サミット in 長崎』開催!

第1回世界夜景SUMMIT


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!