マカオ、インバウンド旅客数の回復続く 単日3万人超えを記録

11月27日、マカオ政府旅遊局(MGTO)は、11月26日(金曜日)の単日インバウンド旅客数が延べ3万6,141人に上り、今年8月以来の最多記録だったと発表しました。

直近1週間(11月19~25日)累計のインバウンド旅客数は延べ20万3,595人、1日あたり平均は2万9,085人で、10月の1日あたり平均(1万589人)から174.7%増加しました。

なぜ旅客数が回復したか

旅客数が増加したこと要因については、以下が考えられます。

  • マカオにおける新型コロナ流行状況が安定したこと。
  • マカオグランプリやマカオフードフェアなどの大型イベントが複数開催されたこと。
  • 新型コロナウイルス、PCR検査陰性証明の有効期間が72時間以内から7日以内に緩和したこと。

大型イベントが11月に複数開催

マカオで11月に開催されたイベントは以下の通りです。

  • ハッシュ!2021コンサート(11月6日〜28日)
  • 第68回 マカオ・グランプリ(11月19日〜21日)
  • 第21回マカオ・フード・フェスティバル(11月19日〜12月25日)

21日までの3日間は「マカオ・グランプリ」が、12月5日までの17日間は「マカオ・フード・フェスティバル」が開催されています。

また、12月4日から来年1月2日まで「マカオ・ライト・フェスティバル」が開催されます。

イベントを皮切りにインバウンドが着実に回復することで、長引くコロナ災害で疲弊した観光産業の活性化につながることが期待されています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!