アメリカ人の23%「12月から2月に旅行を計画中」ピークは12月か

Finder.comによれば、アメリカ人の23%が2021年12月から2022年2月の間に旅行を計画していることが分かりました。

ピークは12月と想定されていますが、オミクロン株の影響で計画が変更される可能性も懸念されます。

アメリカ人の23%が12月から2月に旅行を計画中、ピークは12月か

Finder.comのTravel Index(トラベルインデックス)によれば、2021年12月から2022年2月の間に、アメリカ人の23%が旅行を計画しており、前月の18%から増加しました。

18%が国内旅行、7%が海外旅行を計画しており、国内旅行は前月の14%、海外旅行は前月の6%からそれぞれ増加しています。

また14%が12月中の旅行を計画しており、7%が1月か2月の旅行を計画しています。

Finder.comは旅行のピークが12月になると想定していますが、この調査は新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」が報じられる前に行われたため、オミクロン株による影響が出る可能性もありそうです。

Finder.comのトラベルインデックスは、これまで世界中の22万人以上から回答を集めている継続的な調査です。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

Travel Daily News.com: Travel plans up in the air: 23% of American adults plan to travel over the holidays

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!