オーストラリア、日本と韓国から入国可能に 入国制限緩和

オーストラリアが12月15日に入国制限を緩和しました。同日より、日本と韓国からの入国が許可されています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年3月以降継続的に外国人の新規入国を原則禁止としてきたオーストラリアですが、ワクチン接種の進展を受けて各種制限の緩和を進めています。

日本と韓国から豪への入国可能に 1年9カ月ぶりの再開

オーストラリアは、これまでニュージーランド、シンガポールの国との間でトラベルバブルを締結し、新規入国を許可しています。

12月15日からは、新たに日本と韓国に対する入国制限を緩和し、ワクチン接種の完了を条件として約1年9か月ぶりとなる入国受け入れを再開しました。本措置は12月1日より開始予定でしたが、オミクロン株の拡大を受けて開始日が延期されていました。

本措置によって入国が許可される条件は以下の通りです。

  • 該当国の国籍保持者である者
  • 該当国から出国しオーストラリアに入国する者
  • ワクチン接種が完了しており、それを証明できる者
  • 出国前3日以内に行われたPCR検査による陰性証明を提示できる者
  • 特定の管轄区域(ニューサウスウェールズ州、ヴィクトリア州、オーストラリア首都特別地域)へ入国する者

なおオーストラリア到着後には、各地域の規則に従ってPCR検査や隔離を行うことが求められます。今回対象となっている地域は、ワクチン接種を完了した海外からの渡航者には72時間の隔離や、到着後24時間以内を含む複数回のPCR検査を義務づけています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
在オーストラリア日本国大使館:豪州連邦政府発表:ワクチン接種を完了した日本から豪州に渡航する日本国籍者に対する免除申請なしでの豪州への入国措置(COVID-19関連)
Australian Government Department of Home Affairs:COVID-19 and the border Japan   
Australian Government Department of Home Affairs:COVID-19 and the border South Korea


今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!