パリ五輪 セーヌ川で開会式 2024年

2024年に開催されるパリ五輪の開会式がパリ中心部のセーヌ川で実施されることが公表されました。

スタジアム外での開会式は大会初

今回で33回目となる夏季オリンピックですが、スタジアム外で開会式が行われるのは初の試みとなります。

中心部であるセーヌ川沿いで開催されるのは、スポーツを街に浸透させ、スポーツの新しい在り方を追求する狙いがあります。また、観客は場所によっては入場料がかからずに見ることが出来るので、スタジアムで実施する10倍以上の人数が開会式を楽しむことが出来ます。

各国の代表団は入場行進の代わりにボートでセーヌ川を下ります。ボートにはオンラインの視聴者がアスリートを間近で見ることができるカメラが装備される予定です。当日は10,500人のアスリートがパリの中心部を横断します。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

・パリ五輪2024:開会式

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!