シンガポール航空、11月搭乗者数30万人超え 「隔離なし」受け入れ都市拡大に伴い

シンガポール航空(SIA)は2021年12月の旅客定員数が、新型コロナウイルス感染症拡大以前の約45%に達すると予想しました。

11月の搭乗者数が30万人超え

12月15日、シンガポール航空(SIA)グループは、2021年11月の搭乗者数が30万人を超え、前月比で59.4%増となったことを発表しました。

ワクチン接種済みの旅行者を隔離なしで受け入れる「ワクチン接種済みトラベルレーン(以下、VTL)」のネットワークが、9都市(チェンナイ、デリー、ジャカルタ、クアラルンプール、メルボルン、ムンバイ、ソウル、シドニー、チューリッヒ)に拡大した中で実現したものです。

シンガポールを含む72都市で運航

2021年11月末時点で、グループの旅客ネットワークはシンガポールを含む72都市で運航しており、インドへの運航が再開されたことにより、先月末に比べ6都市増加しました。

シンガポール航空(SIA)のフルサービスネットワークは591都市に就航し、SIAの子会社である格安航空会社「Scoot(スクート)」は11月末時点で25都市に就航しています。

現在発表されているスケジュールに基づき、2021年12月の旅客定員は、以前の予想である43%を上回り、コロナ禍前の45%程度に達するものと見込んでいます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!