ヨーロッパの人が選ぶ2022年の人気旅行先は?イタリア人は日本を2位に

旅行取引プラットフォームのHolidayPiratesが、ヨーロッパの人の2022年の人気旅行先を発表しました。

調査対象の4か国すべてでアメリカがトップを獲得しましたが、イタリア人が2位に日本を選んでいます。

2022年の人気旅行先 イタリア人は日本を2位に

調査はイギリス、フランス、ドイツ、イタリアの8,457人のウィッシュリストを対象に行われました。

その結果は以下の通りとなり、2022年に旅行したい目的地として、4か国すべてでアメリカがトップを獲得し、イタリア人は日本を2位としました。

コロナ禍で遠出が難しかった2021年に対し、2022年は日本を含めて長距離の旅行を望んでいるヨーロッパ人が多い傾向がうかがえます。

HolidayPiratesのイギリス・北米市場責任者は、厳しい時間を過ごした後に、根本的に異なる文化や気候、景色を擁する目的地を訪れたくなるのは当然のことだと述べています。

  • イギリス人
    1位:アメリカ
    2位:モルディブ
    3位:オーストラリア

  • フランス人
    1位:アメリカ
    2位:カナダ
    3位:タイ

  • ドイツ人
    1位:アメリカ
    2位:タイ
    3位:イタリア

  • イタリア人
    1位:アメリカ
    2位:日本
    3位:モルディブ

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
・globetrender:US TOPS LIST OF MOST-DESIRED 2022 DESTINATIONS FOR EUROPEAN TRAVELLERS

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!