イスラエルへの入国再開へ、4回目接種も開始

イスラエル政府は1月9日からオミクロン株が感染状況が深刻な国を除く大半の国からの入国を再開する方針を示しました。

現地メディアによるとアメリカやイギリスなど、感染状況が深刻な国からの入国は引き続き禁止が続きます。

イスラエルへの入国再開へ、4回目接種も開始

イスラエルは新型コロナの変異株であるオミクロン株の感染が各国で広まっていることを受け、昨年11月下旬から外国人の入国を原則すべて禁止していました。

イスラエルの保健省は政府の指標で感染が中程度としている国はワクチン接種などを条件に1月9日から入国を再開する方針を示しました。

地元メディアによると、入国再開の対象国には日本やドイツなど大半の国が含まれる見込みです。しかし感染状況が深刻な一部の国の入国は禁止が続きます。

3日から60歳以上の高齢者を対象に新型コロナウイルスワクチンの4回目摂取が始まっています。

イスラエルのベネット首相は約10万人がすでに4回目接種を終えたか予約をしたとしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!