香港ディズニーランドが再び閉鎖 感染拡大受け4回目

香港ディズニーランドは、2022年1月7日から1月20日まで一時的に閉園することを発表しました。今回で閉園されるのは4回目となります。

閉園期間中 リゾートホテルは通常営業

公式サイトでは、今回の閉園について「香港政府および保健当局の要請と、香港全域で行われている予防活動の一環である。」と述べています。

一方パークは閉園されますが、リゾートホテルは通常通り営業する予定です。

サービスレベルを調整した上で営業を継続し、ホテル内のレストランやレクリエーション施設でのサービスは、最新の規定に基づいて調整される。」と述べ、今後も政府の方針に従う姿勢です。

閉園期間のチケットを所持している人については有効期限の延長を発表しました。詳細は近日公式サイトにて公開される予定です。

一時閉園は2021年11月にも

2021年11月には、香港ディズニーランドで来園者の1人が新型コロナウイルスの陽性であることが判明し、一時的に閉園されました。

また、その日パーク内にいたスタッフと来園者にはPCR検査を受けさせました。

香港以外でも、世界のディズニーランドは新型コロナウイルスの流行初期に数ヶ月間閉園しました。2020年6月頃からは徐々に再開されていますが、チケットの事前予約、人数制限、検温チェック、マスク着用などの規制がかけられています。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>

CNN:Hong Kong Disneyland closing for 2 weeks amid global Covid-19 surge

香港ディズニーランド:公式サイト

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!