年末年始の国内線旅客数が増加「コロナ前の7〜8割」まで回復

1月5日、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は年末年始(12月25日〜1月4日)の利用実績を発表しました。

国内線の利用者数は各社ともに、昨年度と比較して大幅な増加が見られています。

2019年度比、国内線旅客数が7〜8割まで回復

国内線旅客数はANAが前年度比で6割以上、JALが2倍以上と大幅に伸び、2019年度比ではANAが7割程度、JALが8割台まで回復しました。

依然として新型コロナウイルスの影響が続くため、国際線旅客数は両社とも2019年度比で9割程度の減少という結果でした。

【ANA】国内線旅客数、116万人超え

全日本空輸(ANA)国内線の2021年度年末年始期間の総旅客数は116万3916人であり、この値は2020年度比165.5%となり大幅に増加しています。

一方で、コロナ禍以前の2019年度と比較すると、69.9%に留まりました。

また、国際線の旅客数は前年比67.4%増の3万503人という結果になりました。

【JAL】国内線旅客数、106万人超え

日本航空(JAL)国内線の2021年度年末年始期間の総旅客数は106万1940人であり、この値は2020年度比223.3%となり大幅に増加しています。

一方で、コロナ禍以前の2019年度と比較すると、84.7%に留まりました。

また、国際線の旅客数は前年度比99.1%増の3万2697人という結果になりました。

LCCも前年度から大幅増加

LCC(格安航空会社)における同期間の国内線旅客数も前年度から大幅に増加しました。

ジェットスター・ジャパンの旅客数は前年比153.4%となる16万1505人を記録し、ピーチの旅客数は前年比249.9%となる24万1163人となりました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!