タイ、外国人旅行者から入国税300バーツを徴収 4月から

タイ政府は、4月1日から外国人旅行者を対象に、1人あたり300バーツ(約1,000円)の入国税の徴収を開始する予定です。

タイで外国人旅行者から入国税300バーツを徴収予定、4月から

政府報道官が明らかにしたところによれば、タイ政府は外国人旅行者を対象として、4月1日から1人あたり300バーツ(約1,000円)の入国税の徴収を開始する予定です。

数年前からタイで導入が計画されていたものの、これまで開始日については未定となっていました。

空港使用料などと同様、航空券代金に上乗せして徴収される見込みで、陸路での入国については、徴収方法を検討中ということです。

外国人のみが対象で、徴収税の一部は滞在中の旅行保険として使われる予定です。

入国税や観光税などの名目で、旅行者に税を課す国は増加しており、日本でも2019年から出国者を対象に1,000円が「国際観光旅客税」として徴収しています。

タイ観光・スポーツ省は4月~12月にタイを訪れる外国人旅行者は500万人程度と予測しており、この入国税により15億バーツ(約52億円)の収入を見込んでいます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!