JALグループ、2022年度 国内線基本便数計画を決定

JALグループは1月18日、2022年度国内線の基本便数計画を決定しました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響による減便などは、今後の需要動向を踏まえて順次決定するとしています。

JALグループ、2022年度国内線基本便数計画を決定

JALグループは1月18日、2022年度国内線の基本便数計画を決定したことを発表しました。

JALグループの目標「2050年までにCO2排出量実質ゼロ」の達成に向け、 JALではエアバスA350-900型機、日本エアコミューター(JAC)ではATR42-600型機の導入を進め、省燃費かつ低騒音という環境性能を兼ね備えた新型機を使用して環境負荷低減に貢献します。

また大阪(伊丹)発着路線について、大阪(伊丹)~鹿児島線、繁忙期は大阪(伊丹)~沖縄(那覇)線を増便する予定です。

さらに琉球エアーコミューター(RAC)の沖縄県内路線についても、宮古~石垣線と沖縄(那覇)~与那国線を増便する予定です。

大阪(関西)発着の宮古線と、名古屋(中部)発着の宮古線、石垣線については、2021年度に引き続き繁忙期の季節運航を継続します。

東京(羽田)発着の沖縄離島路線(宮古線、石垣線、久米島線)については、JAL便名での運航を継続し、需要動向に応じた運航機材の大型化により、提供座席数を増やすとしています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

JAL:JALグループ、2022年度国内線基本便数計画を決定

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!