「観光以外の入国許可を」岸田首相へ嘆願書 米研究者ら

米国の研究者らは1月20日までに、観光目的以外の入国を許可するよう求める嘆願書を岸田首相あてに提出しました。

1月21日に岸田首相とバイデン米大統領のオンライン協議を控え、規制緩和を促す狙いがあります。

米研究者ら、岸田首相へ嘆願書「観光以外の入国許可を」

日本政府は新型コロナウイルス対策として、2月末まで外国人の新規入国を原則禁止しています。

米国の研究者らは1月20日までに、観光目的以外の入国を許すよう求める嘆願書を、岸田首相あてに提出しました。

嘆願書は1月18日付で、コロンビア大学のジェラルド・カーティス名誉教授のほか、米マンスフィールド財団のフランク・ジャヌージ理事長兼最高経営責任者(CEO)など100人以上の日米研究や交流振興団体の関係者が名を連ねました。

研究者らは日本の入国制限について「深刻な懸念」を表明し、「国境閉鎖措置は国際社会との関係に悪い影響を与えて日本の国益を毀損している」と指摘しました。

さらに「変異ウイルス発生のたびに人と人とのつながりを断ってしまうことは、日本の長期的な国益にとって現実的な戦略とは思えない」との立場も示しました。

1月21日には、岸田首相とバイデン米大統領のオンライン協議を控えており、規制緩和を促す狙いがあります。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!