マレーシア、外国人観光客の受け入れ再開へ 早ければ3月から

マレーシアの政府諮問委員会は、早ければ3月1日から外国人観光客の受け入れ再開に合意しました。

早ければ3月1日から、強制検疫なしで

現在、マレーシアへの観光目的での入国は、ランカウイ島への「ランカウイ国際トラベルバブル」を除き禁止されています。

しかし今回、マレーシアの政府諮問委員会は、早ければ3月1日から、強制検疫なしで外国人観光客の受け入れを再開することに合意しました。

ただし、委員会の議長であるマレーシアのムヒディン・ヤシン前首相は、「入国前と入国後に検査を受ける必要がある」と述べました。

また、前首相は「マレーシアは昨年、ランカウイのトラベルバブルを再開したが、入国要件はとても厳しかった」と述べ、「その結果、2021年にマレーシアを訪れる旅行者はほとんどいなかった」とマレーシアの入国について言及しました。

感染拡大が始まって以来、マレーシアの国境は旅行者に向けてほとんどが閉鎖されてきました。しかし今回景気回復のために国境制限を緩和することを計画しています。

関連記事:「開国」進む世界 各国で入国制限解除、観光再開相次ぐ

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

在マレーシア日本国大使館:公式サイト

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!