Airbnb ウクライナの難民へ滞在先提供支援

民泊サイトAirbnbは先月28日、被災者などに一時的な滞在先を提供する非営利部門「Airbnb.org」が、ウクライナからの避難民最大10万人に無料の短期住宅を提供することを発表しました。

寄付者などから資金調達 

現在、ウクライナ難民の約30万人が域内に避難しており、数百万人を受け入れる準備が必要との見解がされています。

このプログラムの資金はAirbnbAirbnb.org難民基金への寄付者、Airbnb.orgのホストによって提供されます。各国政府と協力し、より長期の滞在先提供を含め対応していく方針です。

また、ウクライナのホストとゲストの安全確保にも力を注いでおり、コミュニティのサポートも継続的に実施していく姿勢です。

Airbnb.org 一時的な滞在提供する非営利団体

Airbnb.orgは、様々な非営利団体と連携し、難民を支援するとともに緊急時の宿泊施設を提供してきました。Airbnbの宿泊ではサービス料金がかかりますが、Airbnb.orgが提供する施設では請求されません。

最近では、21,300人のアフガニスタン難民に住宅を提供したことを発表しています。また、昨年は西ヨーロッパで起きた洪水の影響を受けた人々に宿泊施設を提供する緊急対応プログラムも実施しました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

AirbnbSupport for refugees fleeing Ukraine

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!