2025年大阪・関西万博、公式キャラクター最終候補3作品公開

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会は2日、2025年に開催予定の大阪・関西万博の公式キャラクターの最終候補作品を3作品発表しました。

3作品は、2021年11月1日~同年12月1日の間に応募した作品、1,898作品から選出されています。

大阪・関西万博とは

大阪・関西万博は、2025年4月13日~10月13日の184日間に渡って大阪府の夢洲で開催予定の国際博覧会です。

人類共通の課題解決に向け「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとし、各国から集結した先端技術、各国の芸能、産業を紹介する展示などが大阪に集結します。

1970年の大阪万博では、日本を含む77か国と4国際機関が参加し、総来場者数は約6,421万人にのぼり、経済効果は約5兆円規模となりました。

この万博で携帯電話が急速に普及したように、世界各国の最新技術が出展されることで、技術の発展とそれに伴うさらなる生活環境の向上が見込まれています。

また、2005年の愛知万博では国内の万博史上最多の121か国と4国際機関が参加し、総来場者数は2,204万9,544人にのぼり、経済効果は約3兆円となりました。

国内での大規模な国際博覧会は、大阪万博(1970年)、愛知万博(2005年)に続き3回目の開催となります。

来場者数は約2,820万人が想定されており、約2兆円の経済効果が期待されています。

関連記事:2025年開催大阪万博の目的とは

大阪・関西万博キャラクターデザイン最終候補作品

昨年11月1日~12月1日までの一般公募では1,898作品がエントリーしました。

事務局での形式要件確認、知的財産関連調査やキャラクターデザイン選考委員会を経て、以下の3作品が最終候補に選出されました。

大阪・関西万博キャラクターデザイン最終候補作品:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会プレスリリース
▲大阪・関西万博キャラクターデザイン最終候補作品:公益社団法人2025年日本国際博覧会協会プレスリリース

なお、最終候補作品に対する意見募集は2022年3月2日14時~同年3月10日17時まで受け付けています。

意見募集を行った後、寄せられた意見を参考にしつつ最終選考会を実施し、最優秀作品が選出される予定です。

関連記事:「2025年大阪・関西万博」、インバウンド誘客へ期待される効果は?

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会:大阪・関西万博 公式キャラクターデザイン最終候補作品3作品を発表
公益社団法人2025年日本国際博覧会協会:大阪・関西万博 公式キャラクターデザイン公募受付終了~1,898作品の応募~

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる
完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!