観光庁、「DMOにおける自主財源開発手法ガイドブック」公開 CFOの役割や財源の種類など初歩から解説

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

観光庁が、「観光地域づくり法人(DMO)における自主財源開発手法ガイドブック」を作成しました。

DMOの多様かつ安定的な財源の確保を図るべく作成されたこのガイドブックでは、新たな財源開発の手法についても紹介しています。

DMOの職員だけでなく、これからDMOに登録予定の民間団体などでも分かりやすいよう初歩的な部分から実践例について幅広く記されています。

具体的な内容について、本記事では解説していきます。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「観光地域づくり法人(DMO)における自主財源開発手法ガイドブック」作成

観光庁は、今月17日、「観光地域づくり法人(DMO)における自主財源開発手法ガイドブック」を公開しました。

全7章からなるこのガイドブックでは、DMOの財源や種類、CFOの役割、DMOの財源導入事例まで幅広く紹介されています。ここからは各章について、簡単に説明します。

第1章では、DMOの財源の基礎」として、自主財源の重要性が示されています。

DMOの財源は、自主財源と公的資金に区分されますが、現在は公的資金への依存度が高まっています。

その上で、自治体の単年度会計に引っ張られDMO本来の目的である中長期的な観光振興戦略が描きにくいと指摘しています。

第2章では、「財源の種類と特徴」として、自主財源と公的資金の確保方法を以下の5つの活動面から紹介し、具体的にどのように確保するのか、例示されています。

  1. 地域全体として観光財源を増やす(宿泊税、入湯税など)
  2. 国や自治体の制度を活用する(補助金など)
  3. 会費収入や寄附金を増やす(クラウドファンディングなど)
  4. 収益事業を強化する(物販事業、イベントの開催など)
  5. 地域金融機関と連携する(ファンドの活用など)

第3章では、「法人格の種類による財源の特徴」として、株式会社、一般社団法人、一般財団法人、NPO法人に大きく区分し説明されています。

DMOの設立携帯としては一般社団法人が最も多く、全体の65%を占めています。そのうえで、各設立形態において事業面と、ガバナンスの面からメリット、デメリットに分けて紹介しています。

第4章では、「CFOの役割と必要な知識、スキル」として民間CFOとは異なるDMOのCFOに求められるスキルについて紹介しています。

ガイドブックでは、民間のCFOと異なるDMOのCFOの目的として、地域のマネジメント・マーケティング活動・着地整備等を通じて、観光で地域全体が稼げる仕組みづくりを行うことにあるという点を指摘しています。

その上で、公益性のある活動に責任を持ちながら、安定した組織運営のための資金管理、マネジメントを行う必要があると述べています。

その上で、管理会計などの基礎的な部分から、合意形成の手法について、アメリカのDMOの例をもとに各ステップから紹介しています。

第5章では、DMOの財源導入事例」として全国6事例を紹介しています。

北海道釧路市では、「NPO法人 阿寒観光協会まちづくり推進機構」の例を紹介しており、NPO法人でどのように自主財源を確保するのか学ぶことのできる資料だと考えられます。

また、長野県飯山市「一般社団法人 信州いいやま観光局」ではDMO着地型旅行商品を開発しており、自主財源の確保に有効だと考えられるでしょう。

また、岐阜県下呂市「一般社団法人 下呂温泉観光協会」では、DMOが会費を徴収し、会員向けのサービス、特典を実施しています。

第6章では「Q&A」、第7章では「DMO財源用語集」が紹介されています。

長引く新型コロナウイルス禍で、財源面でも苦しい状況が続く中、このガイドブックで紹介された手法などを活用し、長期的な視野で財源が確保できるように取り組むべきでしょう。

全文については、観光庁の公式サイトから確認できます。

観光庁:「観光地域づくり法人(DMO)における自主財源開発手法ガイドブック」を作成いたしました

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁:「観光地域づくり法人(DMO)における自主財源開発手法ガイドブック」を作成いたしました

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに