クルーズ船への「警告取り下げ」パンデミック発生以降初 米CDC

2022年3月30日、アメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention「以下、CDC」)は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック発生以降、クルーズに対して発出していた公衆衛生に関する警告を取り下げました。

乗船は自己判断に

警告取下げにより、今後クルーズの安全性については、乗客自らの判断に委ねられることになります。

今回のCDCによる決定は、乗務員や乗客に対してワクチン接種の完了を求めるなど、クルーズ会社による対策が評価されたものとなっています。

また、クルーズライン国際協会は、「クルーズ船で実施されている効果的な公衆衛生対策が認められたもの。これで、海上と陸上で公正な競争ができるようになる」との声明を発表しました。

パンデミック発生以降、クルーズ業界は、航空会社など他の業界よりも厳しい措置が取られていたことから、業界内では不満が高まっていました。

CDCは、警告取り下げの理由としてクルーズ船での感染者数が減少していることも理由として挙げています。

しかしながら、航海終了後に実施される検査で感染者がいないかどうかについては、引き続き確認されます。

またCDCは引き続き、搭乗者に向けて搭乗している間のマスク着用や手指消毒についても推奨しています。

船内での感染者が発生した場合には、クルーズ会社はCDCに通知する義務があり、また、感染者を完全に隔離することが求められます。

関連記事:各国で規制緩和相次ぎ、観光業に回復の兆し【新型コロナ海外・2月動向まとめ】

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>

米国疾病管理センター:Cruise Ship Travel During COVID-19

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」


スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!