韓国へのビザ免除措置 11月から全面再開の見通しで調整

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

17日、韓国政府が日本などからのビザなしでの短期滞在を認める措置を11月から全面的に再開する方向で調整していることがわかりました。

韓国政府は、コロナ禍で停滞した観光業を活性化させるために日本など外国からの観光客に期待を寄せています。

関連記事:韓国から日本への旅行予約「急増」10月以降の水際対策緩和でさらに加速か


韓国政府、日本人のビザ免除措置を再開予定

ソウル聯合ニュースによると、17日、韓国政府が日本などからの査証(ビザ)なしでの短期滞在を認める措置を11月から全面的に再開する方向で調整していることがわかりました。

韓国当局関係者は聯合ニュースの取材に対し、「日本が今月に新型コロナの水際対策を緩和し、韓国などからのビザなし入国を再開した。相互主義の原則から日本からのビザなし入国を全面再開する方向で調整している」と話しました。

韓国は、2020年3月に日本が新型コロナウイルス感染拡大で入国制限措置を取ったことを受け、日本からのビザなし入国を停止しました。

その後、観光客誘致のため日本・台湾・マカオからのビザなし入国を8月限定で実施し、10月31日まで延長しました。

11月以降については、ビザなしになるかどうかは明らかになっていません。

正式にビザ免除措置が全面再開となれば、韓国への旅行が本格的に活性化するとみられています。

実際に、日本・台湾・マカオ対象のビザ免除により8月に韓国を訪問した外国人は31万945人で、前年同月比3.2倍に増加しました。

また、日本人観光客は2万6482人と11.7倍に急増しています。

関連記事:韓国、屋外マスク義務を「全面解除」入国後検査は今月から廃止

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!