【世界一の親日国】コロナ前の2019年。訪日インドネシア人のインバウンド消費データは

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、訪日外国人観光客は大きく減少しましたが、2022年10月に水際対策が大幅に緩和されるなどインバウンド回復が期待されています。

インバウンド対策を進めるにあたって、最初のターゲティングの精度を高めるためには、それぞれの国・地域の「コロナ前」の消費動向を知る必要があります。

株式会社movが運営する「口コミアカデミー」では、「コロナ前(2019年)訪日インドネシア人の消費動向まとめ」と題した資料を無料で提供しております。

店舗や企業のインバウンド対策に、是非本資料をご活用ください。

レポートをダウンロードする(無料)

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

本資料の構成

本資料は以下の内容で構成されています。

2019年訪日インドネシア人の消費動向(訪日インドネシア人の属性と旅行内容)

  1. はじめに
  2. 訪日インドネシア人の男女別および年代別比率
  3. 訪日インドネシア人の主な来訪目的
  4. 訪日インドネシア人の来訪回数
  5. 訪日インドネシア人の目的別滞在日数
  6. 訪日インドネシア人の主な来訪時期
  7. 訪日インドネシア人の旅行形態
  8. 訪日インドネシア人の旅行支出内訳
  9. 訪日インドネシア人の客層別旅行支出内訳
  10. 訪日インドネシア人の買い物ランキング
  11. 訪日インドネシア人の旅行情報ランキング
  12. おわりに

以下、本資料から得られる知識の一部をご紹介します。

レポートをダウンロードする(無料)

一人当たりの消費額は伸び悩む

一人当たりの消費額は伸び悩む
▲一人当たりの消費額は伸び悩む:訪日ラボ

2019年の訪日インドネシア人一般客1人当たりの旅行支出は13万1,087円で、全体の訪日外国人一般客1人当たりの旅行支出15万9,000円を下回りました。

過去5年間では2015年の14万7,149円をピークに伸び悩み、2018年に14万1,419円まで回復したものの、2019年には再び13万1,087円まで減少しました。

訪日インドネシア人の平均宿泊数は12.3泊で、全体の8.8泊を大きく上回っています。

レポートをダウンロードする(無料)

12月と初夏が人気

12月と初夏が人気
▲12月と初夏が人気:訪日ラボ

2019年までの6年間、12月に訪日インドネシア人が最も増加する傾向がありました。最も減少するのは8月であるため、冬季が最も人気であることが分かります。

また、4月から6月にかけての時期も人気が高まりつつあります。

冬だけでなく、初夏のインバウンド対策にも力を入れることで、より集客の機会が増えるといえそうです。

レポートをダウンロードする(無料)

情報発信の継続が必須

情報発信の継続が必須
▲情報発信の継続が必須:訪日ラボ

2019年の訪日インドネシア人は41万人を超えており、2009年の約6万人と比較すると7倍近くの訪問者数となりました。

2019年時点の訪日インドネシア人の特徴として下記の点が挙げられます。

  1. リピーターが増えつつある
  2. 初夏と12月がハイシーズン
  3. 口コミサイトを旅前の情報源に役立てる人の割合が増えている

新型コロナウイルス感染拡大前のハイシーズンということもあり、2019年12月の訪日インドネシア人客数は59,203人で、前年同月よりも6,000人程多くなりました。

2020年1月以降は急激に落ち込み、旅客数が前年比ほぼ-100%にまで減少した時期もありました。しかし、2022年10月に水際対策が大幅に緩和されたため、訪日インドネシア人は今後増加することが予想されます。

訪日インドネシア人へのインバウンド対策としては、コミュニケーション面での受け入れ整備や、ハラール対応衛生面も含めた安全性のアピールを行うことが重要でしょう。


ーーー
レポートでは、支出内訳や旅行の情報源など、訪日インドネシア人に関する情報を盛り込んでいます。

是非、資料をダウンロードして詳細をご覧ください。

レポートをダウンロードする(無料)

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


【インバウンド情報まとめ 2024年6月前編】日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月前半版レポートから、5月後半~6月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に / 4月外国人宿泊数は1,315万人泊、国籍別「台湾」が1位に【インバウンドまとめ 2024年6月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに