NYタイムズが選ぶ「2023年に行くべき観光地」日本から盛岡・福岡が選出

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

米ニューヨーク・タイムズ紙は2023年1月、「2023年に行くべき52か所」と題した旅行特集記事を公開しました。

イギリスのロンドンに次いで2番目に「盛岡」が取り上げられたほか、「福岡」も19番目にリスト入りしました。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

ニューヨーク・タイムズ紙、「2023年に行くべき52か所」発表

米ニューヨーク・タイムズ紙は1月12日、「2023年に行くべき52か所」と題した旅行特集記事を配信しました。

「盛岡」がロンドンに次いで2番目に紹介

特集記事では、岩手県の盛岡が、イギリスのロンドンに次いで2番目に紹介されました。

「これまで見過ごされがちだった珠玉の街」として、人混みが少なく繁華街も歩きやすいと評価しています。

街には西洋と東洋の建築美学が融合した大正時代の建物や、モダンなホテル、歴史ある旅館、曲がりくねった川、城郭後の公園などが魅力として挙げられました。さらにオススメスポットとして、ドイツ製の焙煎機でコーヒー豆の焙煎を手がける「Nagasawa COFFEE」のほか、東家(あずまや)のわんこそば、ジャズ喫茶「開運橋のジョニー」、書店「BOOKNERD」(ブックナード)なども紹介されています。

さらに車で1時間ほど走れば、素晴らしい温泉が複数あるとも紹介しています。

19番目に「福岡」:”屋台”の魅力を紹介

日本からは盛岡のほか「福岡」がリストの19番目に紹介されました。

屋台が立ち並ぶ日本でも数少ない場所として取り上げられ、ラーメンや焼き鳥、おでんなどの伝統料理が紹介されています。

さらに中州の川沿いを散歩していると、ワインやコーヒー、フレンチソーセージやガーリックトーストなど多様性の富んだグルメに出会えるとしています。

また、日本の屋台は1950年代には一般的なものであったものの、1964年の東京オリンピックで多くが撤去されたとも指摘しており、その希少性を紹介しています。

盛岡に観光客"殺到"

読売新聞オンライン(https://www.yomiuri.co.jp/national/20230125-OYT1T50119/)によれば、老舗わんこそば店をはじめとして紹介された飲食店に国内外から観光客が殺到するなど、反響が広がったということです。

東京や大阪、京都など人気の都市に集中していると思われがちなインバウンドですが、今回のように思いもよらない形で殺到することもあるといえます。どの地域でも受け入れ環境の整備は重要となりそうです。


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

nytimes:52 Places to Go in 2023

読売新聞:「見過ごされがちだが魅力ある街」…NYタイムズに紹介された盛岡市に観光客殺到

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売

訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他

 


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに