外国人が訪れてみたい都道府県ランキング、「沖縄」「京都」をおさえ1位は?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

Tokyo Creativeは6月12日、外国人1,006⼈を対象とした「日本旅行で訪れてみたい都道府県」の調査結果を発表しました。

北海道がトップとなり、2位の沖縄に10%の差を付ける結果となりました。3位以降は東京、京都、大阪と都市部が上位を占めるなか、青森県が6位にランクインしているのも特徴的です。

同調査では旅行計画の際に活用しているSNSについてもリサーチしていて、YouTubeが圧倒的多数を占める結果となりました。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


「日本旅行で訪れてみたい都道府県ランキング」発表

調査期間は2023年3⽉24⽇〜3⽉30⽇で、調査を実施したのはインバウンド向けの集客支援事業を展開するTokyo Creativeです。

1,006⼈の外国人を対象に「日本旅行で訪れてみたい都道府県」と「旅行計画の際に活用しているSNS」についてリサーチしています。

1位は「北海道」、全体の約8割が行ってみたいと回答

日本旅行で訪れてみたい都道府県ランキング
▲日本旅行で訪れてみたい都道府県ランキング:プレスリリースより

外国人に「日本旅行で訪れてみたい都道府県」を聞いたところ、1位が「北海道」(77.2%)で、全体の約8割の人が行ってみたいと回答しました。

理由としては「美しい景色があるから」や「食べ物、人々、歴史、自然すべてがあるから」「雪まつりを見てみたい」といった回答が挙げられました。

2位は「沖縄」(67.2)で、3位「東京」(59.9%)、4位「京都」(58.4%)、5位「大阪」(58.1%)と、外国人からも人気の観光地が続いています。

一方、6位には「青森」(57.2%)がランクインし、理由として「りんごとねぶた祭に関心がある」「馬肉が有名と聞いたので訪問して食べてみたい」などが挙げられました。

<関連記事>

青森県のインバウンド需要:台湾人観光客からの人気が強い青森県、インバウンド施設の整備が課題

旅行計画に活用しているSNS「YouTube」が全体の約7割

旅行を計画する際に使用するSNS 外国人
▲旅行を計画する際に使用するSNS:プレスリリースより

旅行計画を立てるときに活用しているSNSについて質問したところ、約7割が「YouTube」(68%)と回答しました。

2位の「Instagram」(16%)、3位の「TikTok」(6%)に圧倒的な差を付けてトップとなっています。

YouTubeはほかのSNSと比較しても情報量が多く、その土地の魅力を正しく理解するために最適と考える人が多いからと分析しています。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

Tokyo Creative株式会社:日本旅行で訪れてみたい都道府県ランキング!外国人1,006人への調査結果発表

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売

訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他

 


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに