夏の海外体験旅行、アジア圏で日本が1位に / 6月の訪日外客数 コロナ後初「200万人」突破【インバウンド情報まとめ 6・7月分】

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2023年6月〜7月版レポートから、インバウンドの最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!


レポートをくわしく見る(無料)

※本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


知っておきたい!インバウンドニュース

夏の海外体験旅行、アジア圏で日本が1位に 都市別トップは大阪


アジアで最大規模のオプショナルツアー予約サイトを手掛けるKKDAY JAPANが、今夏のKKdayユーザーの予約データを公開しました。

7月1日〜8月31日 に体験予定の商品を国や地域別で見たところ、日本が最も人気のある地域となりました。予約数は2019年をすでに上回っているということです。

日本国内における体験予約の都市別ランキングでは、大阪が1位、東京が2位、続いて京都、沖縄、北海道の順になっています。

今夏に訪日予定のユーザーの予約商品に関しては、大阪や東京がトップで、特にユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーリゾートのチケットなどが人気です。他にも、京都での文化体験や寺社仏閣をめぐるバスツアー、沖縄・北海道での効率的な観光バスツアーなどが注目されています。

<参照>PR TIMES - KKday:KKday、2023年夏のインバウンド・アウトバウンドにおける体験予約の動向を発表。世界中のKKdayユーザーが予約した国別の体験先では日本が1位

日本の「観光GDP」低水準 「稼ぐ力」課題、2023年度観光白書


政府は、その年の観光動向や講じた施策、次年度に講じる施策などをとりまとめた「観光白書」の2023年(令和5年)版を公表しました。

今回の観光白書は「観光の動向」「令和4年度に講じた施策」「令和5年度に講じようとする施策」の3部で構成されています。

新型コロナウイルス感染症からの回復が進む一方で、生産性の低さや人手不足などといった、日本の観光産業の構造的課題が顕在化していることを指摘しています。

これらの構造的課題を解決するために、観光産業において「持続可能な観光地域づくり戦略」「インバウンド回復戦略」「国内交流拡大戦略」の3つの戦略を軸に「稼ぐ力」(収益)を強化することが早急の課題だとしています。

<参照>観光庁:「令和4年度観光の状況」及び「令和5年度観光施策」(観光白書)について

ここに注目!インバウンド関連データ

6月の訪日外客数 コロナ後初「200万人」突破