2023年の訪日イギリス人数はコロナ禍前の76%まで回復、イギリス市場の最新インバウンドデータを徹底解説!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス感染症の拡大によって長らく低迷していたインバウンド市場は、2022年10月の水際対策緩和後、急速に回復を進めています。

1月17日に日本政府観光局JNTO)が発表した訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)によると、2023年12月の訪日外客数はコロナ禍以降で最多を更新。2023年の訪日外客数は2,500 万人を突破し、2019年の約8割の水準まで回復しています。

また、同日に観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査によると、2023年の訪日外国人旅行消費額が5.3兆円と過去最高を記録したことも公表されました。

訪日ラボでは、これらのデータをもとに、国別に訪日客数、消費額、消費傾向などをまとめています。本記事では、イギリス市場のインバウンド動向を最新データを交えて解説します。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

2023年の訪日イギリス人数は32万1,500人。2019年比24.2%減だが、回復傾向

日本政府観光局JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年の訪日イギリス人数は32万1,500人でした。コロナ禍前の2019年と比べると24.2%減で、月別に見ても年間を通じて2019年の水準にはまだ届いていません。

▲訪日イギリス人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日イギリス人数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

アジア諸国と比べると回復に遅れが見られるものの、2017〜2018年の水準までは回復したことがわかります。

▲訪日イギリス人客数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日イギリス人数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

イギリスの訪日需要の回復がアジア諸国などより遅れている背景には、ほかのヨーロッパ諸国と同様、2022年2月から続くロシアによるウクライナ侵攻が影響していると考えられます。

日本〜ヨーロッパの直行便がロシア上空を迂回しなければならなくなったことにより、移動の長時間化や航空券の高騰などが日本への渡航のハードルになっている可能性があります。

しかし、ロンドン/ヒースロー〜羽田便の増便など日本への直行便数は2022年に比べて大幅に回復傾向を見せています。経由便航空商品の多様化や継続的な円安の後押しを受け、今後は一層の回復が期待されます。

2023年の訪日イギリス人消費額は1,061億円。円安を背景に、買物代がコロナ前の約1.8倍に

観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査によると、2023年における訪日イギリス人の消費額は1,061億円でした。コロナ禍前となる2019年の999億円から6.2%増加している計算です。

訪日イギリス人の消費額を年間推移で見ると、10〜12月のみ2019年を下回る結果となりました。例年スキーシーズンであるこの時期は訪日需要が高まるにもかかわらずコロナ禍前の水準を下回った理由としては、先述した移動時間の長期化や航空券の高騰のほか、暖冬によってスキー需要が落ち込んだことなどが影響として考えられます。

▲訪日イギリス人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日イギリス人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

一方、直近10年間を比較すると、2023年における訪日イギリス人の消費額は過去最高となっています。

▲訪日イギリス人消費額 10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日イギリス人消費額 10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

訪日イギリス人一人あたりの旅行支出は33万811円で、2019年比で137.1%でした。

消費額を費目別に見ると、買物代が155億円、宿泊費が481億円、飲食費が228億円、交通費が152億円、娯楽等サービス費が45億円でした。宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、なかでもイギリスとイタリアでは一人あたり14万円超と高くなっています。日本から距離が遠く、長期滞在する訪日者が多いことが理由です。

▲費目別 訪日イギリス人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲費目別 訪日イギリス人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

2019年との比較でとくに注目したいのは、全体に占める買物代の割合です。9%から15%に伸びており、金額にすると2019年時点で87億円だった買物代は、2023年には78%増の155億円となりました。訪日イギリス人の購買意欲が高まっている背景には、継続的な円安が大きく影響していると考えられそうです。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

JNTO:訪日外客数(2023年12月および年間推計値)
観光庁:訪日外国人消費動向調査

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!


今回は、全国の桜の観光名所40スポットを対象として、2024年3月27日〜4月7日の口コミを取得、傾向を分析し、2024年速報版・桜の観光名所口コミ分析レポートを作成しました。

業界動向の把握や自店舗の口コミ対策に、ぜひ本レポートをご活用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!全国40スポットのうち、今まさに外国語口コミが多く寄せられているのは?【2024年版】

【インバウンド情報まとめ 2024年3月】2023年年間宿泊者数 1位は韓国 他

訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年3月版レポートから、2月〜3月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

インバウンド情報まとめ 2024年3月

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
 訪日客向け“相撲エンタメショーホール” 大阪にオープン / 2023年年間宿泊者数 1位は韓国【インバウンド情報まとめ 2024年3月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに