【富士山のオーバーツーリズム対策】通行料1人2,000円、登山規制も 現場オペレーションはどうなるのか、予行演習の様子を取材した

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

山梨県は、富士山の「オーバーツーリズム」対策として、富士山五合目登山道で歴史上初めてとなる通行料(1人2000円)の徴収、そして1日あたりの登山者数やゲート通行時間を制限する取り組みを7月1日より開始します。

これに先立って6月19日には、富士山五合目ゲート完成のお披露目と現場運営の予行演習を紹介するプレスツアーが開催されました。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

山梨県、富士山のオーバーツーリズム対策開始

近年、富士山では来訪者の増加による「オーバーツーリズム」が顕在化するようになりました。そこで山梨県は、過度な混雑やゴミの不法投棄、さらには「弾丸登山(十分な休息を取らずに登山を続けること)」などを規制し、安全確保に取り組むとしています。

7月1日から行われる対策は以下の3つです。

1. 富士山五合目にゲートを設置、通行規制

  • PM4:00 〜 AM3:00の時間規制
  • 1日あたり4,000人を超えた場合に規制

2. 通行料1人2,000円の義務化

3. 富士山登山適正化指導員の設置

詳細については以下記事でもまとめておりますのでご覧ください。

関連記事:山梨県、富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 今後は「富士山登山鉄道」構想も

19日に行われた予行演習の様子

19日のプレスツアーでは、実際に富士山五合目で予行演習が行われました。

富士山 オーバーツーリズム
▲平日のため、現地にいた観光客はインバウンド・日本のシニア層旅行者が中心:訪日ラボ撮影

7月1日以降、山梨県側から富士山五合目以上の登山を行う場合は

  • 窓口で事前予約の有無を確認、予約済の登山者はリストバンドを受け取る
  • 予約していない登山者にはその場で通行料2,000円を払い、リストバンドを受け取る
  • ゲートでリストバンドを警備員に見せ、通行を許可される

の流れが必要となります。予行演習では、最初に山梨県知事の長崎幸太郎氏が実際のオペレーションを再現し、予約者専用窓口にてリストバンドを受け取り、警備員にリストバンドを見せ、ゲートをくぐるまでの流れを実演しました。

富士山 オーバーツーリズム 山梨県知事
▲予約者専用窓口でリストバンドの配布を受ける山梨県知事:訪日ラボ撮影
富士山 オーバーツーリズム
▲ゲートの前で警備員にリストバンドを見せる山梨県知事:訪日ラボ撮影

また、登山者役を配置しての受け入れ・規制等の実演も実施。外国人登山者の対応や、軽装登山者が現れた際に規制する際の対応など、さまざまなケースを想定した演習が行われました。

富士山 オーバーツーリズム
▲警備員が複数の登山者の通行許可を確認する様子:訪日ラボ撮影
富士山 インバウンド 多言語対応
▲外国人登山者に対しては多言語での対応も:訪日ラボ撮影
富士山 オーバーツーリズム
▲軽装登山者が来た場合は通行が許可されず、装備を整えてから通行するよう警告される:訪日ラボ撮影

県知事は集まった報道陣に対し、実際のオペレーションを体験して「リストバンドをつけるのに少し手こずったが、一連の流れはスムーズ。支障なくできるのではないか」と笑顔を見せました。

また、外国人観光客のマナーについて問われると、「弾丸登山など危険な登山をする方は日本人も外国人もいる」「すべての皆さんの安全の確保のため、国内も国外も区別なくお願いする」と説明。極めて危険な状況にあった登山のあり方を見直すとともに、24時間体制の警備やリストバンドの配布など経費がかかる分について、必要な額を通行料として徴収するとしました。

そして今後は「想像できる限りのシミュレーションをして準備を進めてきたが、やってみて問題も出てくると思われる。リアルタイムでも改善策を講じる」としたほか、「山梨県では(今回のオーバーツーリズム対策のような)新しい取り組みを行っており、全国自治体のモデルケースになると思う」「山梨から、日本の様々な問題のソリューションを提案していきたい」と意気込みました。 

山梨県 富士山 オーバーツーリズム
▲山梨県の富士山オーバーツーリズム対策について説明する知事:訪日ラボ撮影

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他



訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに