永観堂禅林寺は、京都市左京区永観堂町にある浄土宗西山禅林寺派総本山の寺院です。「もみじの永観堂」と呼ばれるほど秋には紅葉が美しいスポットとして知られており、多くの訪日外国人が紅葉を見に永観堂禅林寺を訪れます。

永観堂禅林寺とは?紅葉の名所として知られる京都の寺院:みかえり阿弥陀で有名

インバウンド人気観光スポットランキング12位「永観堂禅林寺」の人気の理由・インバウンド対策とは

禅林寺は京都に位置する寺院で、853年に空海の弟子真紹が真言宗の道場として創建しました。その後、浄土宗の寺院となり、多くの国宝級の仏画やみかえり阿弥陀などの文化財が収蔵されています。 また、禅林寺・永観堂は紅葉の名所として有名で、日本人観光客のみならず訪日外国人観光客も多く訪れる観光スポットとなっています。 禅林寺・永観堂にはJR京都駅から市バスで「南禅林寺永観堂道」で下車後、徒歩数分で到着することができます。拝観料は大人600円、子供400円となっており、団体観光客の場合、多少の割引が適用されます。

TripAdvisorで12位&平均評価は4.5/5を獲得:訪日外国人は永観堂禅林寺にどんな感想を持っているのだろうか

TripAdvisorの「外国人に人気の観光スポットランキング 2020」によると永観堂禅林寺は、日本で12番目に訪日外国人に人気の観光地となっています。TripAdvisor上では5点満点中4.5点の高評価を受けています。永観堂禅林寺を訪れた訪日外国人はどのような感想を持っているのでしょうか。TripAdvisorの口コミからいくつかピックアップしてみます。

  • The gardens are absolutely beautiful and not too overcrowded. The setting is so peaceful and idyllic, I think I could have relaxed there all day.
  • 口コミ日本語訳
    • 庭園はとても美しいですし、混雑しすぎていません。とても静かでのどかな環境なので、一日中リラックスできたと思います。(シンガポール)
  • We came here at around noon so the crowd volume was at its peak, but I still found it quite enjoyable and beautiful. We were lucky enough to catch fall foliage and it just made everything look like a post card.
  • 口コミ日本語訳
    • 正午ごろに来たので、ピークな時間帯でしたが、それでもとても楽しくて景色が綺麗でした。運よく紅葉狩りができて、ポストカードのようにきれいでした。(カナダ ウイニペグ)
  • 禪林寺(ぜんりんじ)一般通稱為永觀堂(えいかんどう),是京都極富盛名之紅葉名所。這裡當然最多人介紹的時令是秋冬之際,但春夏也另有一種獨特明亮的典雅風貌。
  • 口コミ日本語訳
    • 禅林寺、通称「永観堂」であり、京都で有名な紅葉の名所です。秋と冬の景色がもっとも知られていますが、春と夏も独特で明るい典雅な風貌を持っています。(台湾 台北)

訪日外国人は永観堂禅林寺でどのような写真を撮っているのだろうか

2020年10月27日時点でInstagram上で「#eikando」とタグが付けられた写真は2.4万件投稿されています。では、具体的に訪日外国人は禅林寺・永観堂でどのような写真を撮っているのでしょうか。Instagramの投稿で特徴的なものをいくつかご紹介します。

夜の禅林寺が訪日客に人気:ライトアップされた紅葉と寺院の写真が多数

夜の禅林寺が訪日客に人気:ライトアップされた紅葉と寺院の写真が多数

Instagram上には夜間に禅林寺を撮影した写真が目立ちます。ライトアップされた紅葉と寺院の幻想的な雰囲気が訪日外国人の心に響いているようです。

有名な紅葉を背景にした写真が訪日外国人に人気

有名な紅葉を背景にした写真が訪日外国人に人気

永観堂禅林寺は紅葉の名所と言われているため、秋の紅葉シーズン禅林寺を訪れる訪日外国人も少なくありません。紅葉を背景に写真を撮影し、Instagramに投稿する訪日外国人が多いようです。

永観堂禅林寺ではどのようなインバウンド対策をしているのだろうか/何故インバウンドに人気なのだろうか

TripAdvisor、またInstagramの投稿から永観堂禅林寺は訪日外国人にとって人気の観光スポットとなっていることが把握できます。永観堂禅林寺は訪日外国人を誘致・集客するためにどのようなインバウンド対策を行っているのでしょうか。以下で解説していきます。

公式ウェブサイトは日本語と英語の2か国語でインバウンドに情報を発信

永観堂禅林寺の公式ウェブサイトは、日本語と英語の2か国語に対応 しています。ウェブ上ではアクセス情報や拝観料などの基本情報に加え、永観堂の歴史や見どころ、永観堂禅林寺の現在の状況を伝える写真などをインバウンド向けに配信しています。ウェブサイトを多言語化することで、 より多くの訪日外国人に観光スポットの情報を届けられるようになり、観光地の魅力を正しくアピールし、実際に足を運んでもらうことにつながる可能性があります。

夜間の特別拝観プログラムを実施:夜のインバウンド需要を取り込みへ

永観堂禅林寺は、紅葉の名所であり、多くの訪日外国人の人気を集めています。また、紅葉が見ごろになる秋から冬にかけて 夜間の特別拝観プログラムを実施 しています。訪日外国人が日本旅行で不満に感じることのひとつとしてナイトコンテンツが少ないことが挙げられます。そこで、国内では政府や企業、 自治体が夜間のインバウンド需要の取り込みのための施策を打ち出すケースが年々増加 しています。。永観堂禅林寺においても、桜・紅葉が見ごろになる時期に併せて、 夜間の特別拝観プログラムを行い、夜間のインバウンド誘致・集客に成功 しています。