SDGsとは、Sustainable Development Goalsの頭文字をとったもので、日本語を訳すと「持続可能な開発目標」となります。 

SDGsは、2001年から2015年にかけての国際目標として定められたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として設定されており、2016年から2030年にかけての国際的な目標を定めています。 

SDGsでは、17のゴールと169のターゲットを設定しており、それらは持続可能な世界を実現することを目的として設けられています。 

17のゴールは飢餓、貧困、健康、教育、衛生、経済など、多角的な視点からそれぞれ設定されており、21世紀の世界が抱える課題の解決を目指しています。 

MDGsでは、先進国が主体となって取り組むべき目標が多く掲げられていたのに対し、SDGsでは、先進国と途上国が一体となって取り組むべき目標が多く掲げられています。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください